高速バスで好きな座席に座る方法

shared-img-thumb-pak85_nagaikousokubasu20150109152440_tp_v
ここでは、自分の好きな座席に座る方法(高速道路の路線バス)について書いていきます。

座席定員制では席の指定はないので、好きな席に座るには早くバスに乗るのが良い方法です。一方で座席指定制、席であらかじめ指定されているバスの場合はそうはいきません。

ほとんどの高速バスは、あまり人がいない場合は見知らぬ人と隣同士にならないように座席を指定しているようです。そのため、混んでいるときを除けば、他人と隣同士になることはあまりありません。

バスに乗る人の中には景色が見たくて1番前に座りたいとか、そういう人も中に入るでしょう。そういう時に、席が自由に選べないのはとても不便です。

チケット購入の際、座席希望は聞いてくれる

バス売り場で、チケットを購入する際に、「~の席に座りたいのですが・・・」と言えばどこのバス会社でも希望を聞いてもらえます。断られるということはあまりないと思います。

ただし、その席が空いていない、または隣に人がいると希望は通らないことが多いです。

バス乗車後に自由席になる

都市間高速バスに多いのですが、始発駅を出発後、その先で乗車用のバス停に止まらない場合は、自由席になることがあります。バスの運転手が、「これ以降は、席を自由に変えても良いです。」とアナウンスすることがあるので、そうすれば自分の好きな席に座ることができます。

また、東名バスは始発駅では座席指定ですが、途中のバス停からの乗車は座席定員制になります。

インターネット予約での座席指定

ネット予約でも座席指定ができるバスがあります。あまり数は多くありませんが、例えばツアーバスの大手、ウィラーエクスプレスは、座席指定をやっているようです。

ウィラーエクスプレスは、半個室ともいえるプライベート席を備えるバスを保有しています。寝顔を見られない、顔を隠せるリラックスシートなどがあることで、移動中のプライバシーを確保したいという方にお勧めできる席が多いです。

このほか、一部のサイトでもネット予約で席の希望が取れます。ネット予約も自分の好きな座席に座りたい場合は有効な手段でしょう。

まとめると…。
カウンターで直接問い合わせる。
インターネットで座席指定ができるサイトで予約する。
バス出発後に自分の好きな席に変えられることがあるので、そこで席を変更する。

ということです。

高速バスを調べる。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ