航空料金の変動【安い時期と高い時期】

飛行機電光掲示板
LCCの航空料金は日によって変動するため、安い日もあれば高い日もあります。総じて普通の航空会社の料金や格安航空券と比べれば安いのは明らかですが、それでも値段の幅は広く最安値の2倍の価格になったり、普通料金と同じくらいの値段になることもあります。これは一定の傾向があるので、いつ値段が高くなるのか?知っておく必要があるでしょう。

土日は総じて高い

土日または、祝日は総じて値段が高く設定されています。理由は単純で平日に比べて多くの人が利用するからです。平日は1万円以下でいけたのが、休日になると1万円を超えるということもあります。これは国内だけでなく、国際線、ないし海外の国内線でも同様の傾向があります。

連休は総じて高い

長期連休が重なる場合は、総じて値段が高く設定されます。これも理由は多くの人が利用するからですが、その値段の幅は普通の休日よりも高くなる傾向にあります。平日の2倍はもちろん、3倍以上の値段になることもあります。国際線に至っては10万以下でいけたのが、10万円以上まで値段が跳ね上がることもあります。

年末年始、お盆は総じて高い

これも長期連休と同じ理由で高くなります。値段の幅も2倍3倍に膨れ上がります。なお、年末というのはおおよそ12月~1月までの区間です。路線により若干傾向が異なりますが、
12月上旬から値上がりし、1月の中旬辺りから値下がりすることが多いです。日をまたいで急に上がるのではなく、徐々に上がっていく感じです。そしてクリスマスシーズンや、年末年始直前の時期にピークになるという感じです。

平日は安い

逆に平日の値段は安く、最安値の航空券は平日に集中していることが多いです。月曜から木曜日、ただし金曜の夕方便は次の日が土曜日なので、値段が上がることがあります。

オフシーズンになると安くなる?

旅行にもオンシーズンとオフシーズンがあります。例えば夏の期間、夏休みなどは値段が高くなりがちです。ところが、そうでない時期になると値段は下がります。旅行のオンシーズンに当たるのは、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始、春休み(大学生の場合は1月~3月)、逆にオフシーズンに当たるのは、それ以外の平日。特にゴールデンウィーク以外の4月と5月、6月の梅雨シーズン、10月~11月も休日意外はオフシーズンに当たります。

要するに休日に関係する便、利用者が多くなる便は高くなる傾向にあるということです。このほか学生が休みになる夏休み、冬休み、春休み期間も値上がりしますが、平日であればそれほど急騰することはありません。

早朝や夕方の便は安くなる

LCCの傾向として、朝の6時とか7時の便や夕方の18時以降の便になると安くなる傾向にあります。逆に、日中の便は総じて高くなります。これは、それぞれ理由があります。

朝の場合、空港までの移動手段が稼働しておらず空港まで行くのが不便だから人が集まりにくい。というのがあります。7時出発の場合、国内線でも6時ごろに空港につかないといけません。さらに自宅を出発となると4時とか5時になりますよね。そうなると前泊が必要になります。このように前泊が必要になる便は総じて安い、最安値の値段になりやすいということです。

夕方の場合、特に合理的な理由が見当たらないのですが、夜暗いのが嫌という理由でしょうか?現地に夜20時ごろ到着し、ホテルにつくのが21時ごろといいうのは、ちょっと敬遠しますよね?また、場合によっては移動手段がなかったりすることもありますし、日中に比べると不便です。

要するに、空港までの移動、空港からの移動で何かしら不便な理由があると値段が安くなるということです。

2つをまとめると、一番値段が安いのは平日で、朝方や夕方の航空便。

その逆は長期連休などの日中便ということになります。

スカイマーク スカイマーク

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ