安宿のススメ【バックパッカー・ホステル】

198493

宿泊費用を抑える1つの手段としてバックパッカーやホステルなどに宿泊するという方法があります。

これらの宿泊施設は、ホテルに比べて破格の値段で宿泊でき、長期の滞在も可能、かつキッチンがあり、自炊することも可能というとても便利な宿泊施設です。安い分、施設がきれいでなかったり、アクセスが不便であることもありますが、最大の特徴は、他の利用客と相部屋(ドミトリー)であることです。値段が安いのは、それが理由でもあります。

ドミトリー(相部屋)のメリット・デメリット

ドミトリー(相部屋)と聞くと、あまり良いイメージを持ちませんし、敬遠してしまいますが、メリットとデメリットがあります。

最初に、デメリットをあげると…

  • プライバシーがない
  • 盗難の可能性がある
  • ひどい客に当たると騒音や悪臭などに悩まされる

といった点があります。

一方で、メリットは

  • 安い値段で宿泊できる。
  • 他の客とコミュニケーションができる。
  • 洗濯機やドライヤー、キッチンもあるため、最低限の生活が可能。長期滞在も可能。

という点があります。

夜くらいは個室で静かに寝たいという人には、これらデメリットは致命的で、不快な思いをすることがあります。そもそも利用しない方が良いでしょう。

一方でメリットは、値段が安いという点がありますが、それ以外にも他のお客と仲良くなったり、会話をしたり、場合によっては、何らかの情報、仕事であったり、お勧めの観光地であったりお店であったりを紹介してもらうことがあります。

他人と仲良くなれる、会話ができる。

ホステルに泊まる最大のメリットかつ理由は、値段よりもこれに尽きるといってもよいでしょう。旅や旅行の最中、見知らぬ人と仲良くなれる、いろいろな情報を得ることができるというのが醍醐味の1つでもあります。

ホステルの場合、客は日本人に限りません。いろいろな国の人が来ますから、英語が話せればいろいろな国の人と会話ができ仲良くなれます。それは外国人の知り合いを作るためであったり、恋人を作るためであったり、英語を勉強するためであったり、いろいろですが、とにかくその効用は計り知れないです。

個室利用も可能

相部屋以外にも個室部屋というのがあり、いろいろな人と仲良くなりたいけど、寝るときくらいは1人でいたいということも可能です。相部屋よりも若干高くなりますが、それでもホテルに宿泊するよりは安いです。寝るときは個室で、それ以外は食堂で誰かと会話するというスタイルもできるわけです。

具体的にどれくらい安くなるのか?

具体的な値段ですが、たとえば海外ではホテルのシングルルームに宿泊するよりも半分以上安くなります。ホテル1泊が90ドルくらいだったら、ホステルは20ドル~30ドルくらいになります。

日本の場合はシングルルームで4000円~8000円が相場ですから、ドミトリーにすると、2000円~3000円くらいまで安くなります。

日本では、ドミトリー自体が一般的でなく数も少ないため、あまり使える手段ではありませんが、海外では一般的であり、宿泊費節約=ホステルに宿泊、ホテルは論外ともいえるほどです。日本でも外人旅行者の多い町では多くのドミトリーがあります。外人と仲良くなりたい人や、個室にはこだわらないから安い宿を利用したいという人は、ぜひ使ってみると良いでしょう。

ホステルを検索する。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ