カーシェアリングとレンタカーどちらが良い?

2170075

カーシェアリングとよく比較対照されるのがレンタカーですが、実際どちらが利用しやすいもしくは安いでしょうか?これは車を使う用途によって異なります。

カーシェアリングの方が良いケース

まず、カーシェアリングの場合以下のような特徴があります。

  • 短時間で利用できる。
  • ガソリン代・保険料が基本料金込みで、基本料金だけ払えばよい。
  • 使わなくても月会費を払う必要がある。
  • プランによっては1km当たり、料金を支払う必要がある。

これらを考えると、ガソリン代や保険代を払わないのは魅力的ではありますが、長距離の利用もしくは長時間の利用には適さないことがわかるでしょうか?なぜなら、長時間のプランになると走行距離に応じて料金を払う必要があるからです。

1km15円だとすると、30kmぐらいなら450円ですが、その倍の300kmになると4500円になります。また、月会費を払うことから、比較的車を利用する人には向いていますが、たまにしか利用しない人には向いていません。

つまり、カーシェアリングは短時間の利用がメインで、比較的多く車を使う人向けだといえます。

都市部中心のサービス

カーシェアリングは都市部が中心のサービスですので、地方ではあまり縁のないサービスといえます。東京や大阪などの都市部ではカーシェアリング、カーシェアのない地域ではレンタカーという使い分けになるでしょう。

夜間プランが安くなる。

カーシェアリングは夜間の料金が安くなり、24時間借りれますから、夜だけ利用したい人も向いているプランです。

つまり、都市部をメインに、もしくは夜だけ利用したい人にもカーシェアリングがむいているといえます。

レンタカーの方が良いケース

一方でレンタカーは、

  • 1時間単位から利用できる。分単位ではできない。
  • ガソリンは満タンにしておく必要がある。ガソリン代も自分で払う。
  • 保険料金は込みだが、免責や安心プラン加入に費用がかかる。
  • 月会費はなし。利用するときだけ払う。
  • 距離の制限はなし。

といった特徴があります。そのため、カーシェアリングとは対照的に中長距離、または長時間の利用に向いているといえます。短時間、当日利用だけなら良いかもしれませんが、短時間の利用には向きません。

また、月会費を払う必要がないのはメリットですが、1回ごとに払う金額はカーシェアより大きくなるため、頻繁に利用する人には向いていません。たまに車を旅行などで使う人には向いているといえます。

つまり、レンタカーは6時間以上の利用、もしくは長期、長距離で利用する場合に向いているといえます。

料金を見積もれば長時間の利用でもカーシェアリングが安くなるケースがあるかもしれません。具体的な料金の計算は別の記事で扱っていこうと思います。

カーシェアリングについてもっと調べる 

カーシェアリングで長距離ドライブは可能か?

24955
元々、短時間の利用が多いカーシェアリングですが、2泊3日プランなどの長時間プランもあるため長時間および長距離のドライブを前提としていないわけではないです。

カーシェアリングでの長距離ドライブを勧める理由としては、料金プランにガソリン代や保険代が含まれている点があるからです。ただし、長時間利用する場合、1km当たりの距離料金が加算されるため、走れば走るほど料金が高くなる特徴があります。そのため、レンタカーと比較して一概に安くなるとはいえません。

1km当たり16円として、500km走った場合

たとえばタイムズのカーシェアリングで例をあげてみます。500km走ると、距離料金は8000円となります。1日借りると考えて、これに24時間プランを計算すると、8230+8000=16230円になります。

この数値だけを見てもかなり高いというのがわかりますが、ではレンタカーで比較してみるどうでしょうか?

レンタカー

icon_4b_64-1

ベーシックタイプ 24時間当たり 5670円
*この価格はタイムズの会員になり、通常料金より20%割引された値段。免責保障及び安心プラン料金;2000円

最低でも7670円はかかる。

 

レンタカーには距離料金はありませんが、ガソリン代が加わります。500km走るとほぼ満タンでいれることになるので、仮に30Lで1L100円とすると、3000円ぐらいになります。この場合、レンタカーは10670円。11000円程度と考えればよいでしょう。

レンタカーがカーシェアより高くなるためには、カーシェア料金-レンタカーの料金、16230-7670=8560円、つまりガソリン代がこの差額の値段以上になる必要があるのですが、500km走ったくらいではガソリン代が8560円になるというのは考えずらいです。

逆に、走行距離を抑えて100kmにしたとすると、距離料金は1600円になり、9830円になります。レンタカーもガソリン代が安くなりますから、値段も下がります。この場合、レンタカー<カーシェアリングの料金の不等号は変わらず、距離料金がある限り、長距離をドライブする場合はレンタカーの方が安くなります。

ただし、仮に距離料金がなければカーシェアリングの方が安くなります。基本料金の8230円を払えばよいだけですからね。

長距離ドライブはレンタカーの方が良い。

結論を出すと、カーシェアリングでの長距離ドライブは可能ではありますが、料金が高くなるため向いていないということです。

カーシェアリングについてもっと調べる 

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ