格安航空会社LCCにおける受託手荷物

受託手荷物受取所案内表示
飛行機に乗る際、大きな荷物は受託手荷物として預けます。通常の航空会社であれば、受託手荷物は無料もしくは、通常料金に含まれています。LCCは、できるだけ安い価格で提供するためにサービスを有料にしています。そのため受託手荷物は有料でお金を取られます。

受託手荷物の追加料金

追加料金は、15kgにつきネット予約では1000円~1600円です。余分にお金がかかりますが、受託手荷物込みでLCCを利用しても通常の航空会社と比べれば、圧倒的に値段は安いです。

しかし、より安い価格で利用しようとすれば、この受託手荷物も利用せずに乗りたいと思うでしょう。たかが1000円ですが、何回も利用すればかさみます。

手荷物は機内に持ち込む

受託手荷物にお金をかけたくなければ、荷物は全て機内に持ち込むのが良いです。LCCを利用している人たちを見ると、受託手荷物を使いたくないからかたくさんの荷物を持って、乗る人が多いです。

ただし、荷物にはサイズ制限と重量制限があります。これらを超えてしまうと、機内へ持ち込むことはできません。持っていく荷物が多すぎると、受託手荷物を使わざるをえなくなります。

サイズ、重量制限

LCCの場合、重量は1人7kgまで。サイズは3辺の長さが115cm以内とされています。3辺というのは、高さ、幅、マチ(厚さ)で、それぞれの長さの合計です。

自分の持っていく荷物が、どらくらい重いのか?3辺の合計は何cmかを測っておけば、これら制限にはひっかからないので、事前に測っておくことをお勧めします。

超過した場合は追加料金を払う

重量制限は10kgから20kg、30kgなど複数あり、自分の持っていく荷物の量に合わせて選択します。値段は最低でも1000円かかりますが、重量制限が大きくなるほど料金が高くなります。制限を超えていたら追加料金を払えば良いのですが、事前の予約段階ではなく、搭乗の直前で受託手荷物を追加するとネット予約よりも余分に料金を取られます。
国内線なら数千円程度でたいした値段ではありませんが、国際線になると1万円を超えることがあります。

余分にお金を取られたくなければ、事前に受託手荷物を利用するか?しないか?をはっきりさせておくことが必要です。また、利用する場合どれくらいの量の荷物を持っていくのか決めて、サイズ上限は余裕をもって設定しておいた方が良いでしょう。

なお、機内持ち込みを想定して作られたスーツケースもあるので、そういったものを購入して利用するのも1つの手です。それなら、超過料金を気にすることはありませんからね。

機内に持ち込めるスーツケースを探す

スカイマーク スカイマーク

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ