長距離フェリーをホテル代わりにする。

1925183
距離フェリーというのは、夕方に出港して翌日の朝に到着するフェリーのことです。日本では数は多くありませんが、一部の都市間で(主に九州や北海道方面へ)運行されています。これらは、使い方によっては宿泊手段として利用でき、ホテル代を浮かせることができます。

高速バスが、船に変わったと考えれば良いでしょう。高速バス同様、夜間に移動ができ宿泊ができるので、宿泊費・交通費両方を節約できる手段でもあります。


norimono_ferry

18:30           07:00
20:00           08:30
神戸港→阪九フェリー→新門司港2等運賃 6800円 2等指定A 10800円

 

1つの例として、阪九フェリーをとりあげます。大阪から北九州を移動するフェリーです。およそ7000円~10000円で両都市間を移動できます。宿泊できるので、宿泊費用も込みです。

実際には神戸市内から神戸港までの電車賃やバス賃もかかりますが、大した料金ではないので省きます。新幹線だと、移動だけで1万円。宿泊費も合わせれば15000円以上はかかってしまうので単純な比較でも、いかにフェリーが安いかがわかるでしょうか?

フェリーのメリット

フェリーのメリットをあげると

・夜間に移動できる。

・料金が安い。

・宿泊費用が節約できる。

・自転車やバイク、自動車も乗せられる。

・個室や寝台室つき、寝るのも快適。

・大浴場がある。

など・・・です。高速バスと違うのは、大浴場があって横になれることです。食堂もありますし、なんとゲームセンターもあります。宿泊と移動両方を兼ね備え、かつ安い料金で快適に移動できるのがフェリーの特徴で、最大のメリットです。

フェリーのデメリットは?

強いて挙げるとすれば、

・港までのアクセスが悪い。(鉄道やバスだと乗り換えが必要)

・自動車を載せる場合、追加料金がかかる。(全般的に高い)

・食堂の料金が高い。1食1000円弱。自販機の料金も高い。

などです。他のデメリットとしては、運行している区間が少ないので、人によっては縁のない手段になるかもしれません。また、運行形態や出航時間、到着時間も千差万別で、早朝出港便のような船だと節約の意味がないかもしれません。

日本各地の長距離フェリー路線図

長距離フェリー航路図
日本全国長距離フェリー航路図(平成28年12月現在)

以上をまとめるとデメリットこそあれど、使い方によっては新幹線や高速バスよりも安く利用することができます。旅行をするなら、フェリーを利用した旅も検討してみるとよいでしょう。

フェリーの航路や料金を検索

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ