LCC最大のデメリット:フライト欠航時の自己負担

yun_7517
価格が普通の航空券や格安航空券よりも安いLCCですが、その代償としてフライトが欠航になった場合、その保証が一切ないという点がデメリットとしてあります。

今まで何度もジェットスターやピーチを利用してきましたが、出発時間の遅れはよくありますが、フライトが欠航になることはありませんでした。普通の航空会社であれば欠航した場合、他の航空便に振り替えてくれたり、ホテルを予約してくれたりしてくれますが、LCCの場合は基本的にそのような対応は全くなく、自己責任、自分で対処する必要があるとされています。しかし、全くないわけではなくある程度の保証はしてくれます。

他の航空便に振り替えはしてくれる。

搭乗する航空便が欠航になった場合、ほかの時間帯または、ほかの日時の航空便に振り替えてくれます。実際、乗り継ぎで、飛行機に乗れなかった際に次の日の航空便に変えてくれたことがあります。

欠航した場合は返金もあり。

自分でキャンセルした場合は返金はありませんが、欠航の場合は返金されます。

基本的にLCCが欠航した場合に対応してくれるのはこの2つだけです。それでも払った分のお金は返ってきますし、別の日の日の飛行機で移動ができますので、全く何も保証してくれないということはありません。なので、突発的に飛行機が欠航になっても慌てる必要はありません。

しかし、たとえば欠航してホテルに宿泊しなければならなくなった場合、そのホテルの手配は基本的にしてくれませんし、すべて自分で調べて自腹で払う必要があります。また、欠航に伴って生じたホテル・レンタカーなどのキャンセル料金などを払ってくれることもありません。また代わりの交通機関、たとえば新幹線を利用する場合、その費用を負担してくれることもありません。

航空会社によっては対応してくれることも?

もっとも航空会社によってこの対応は異なり、日本のジェットスターではホテルの手配、食事の提供をしてくれます。しかもジェットスター側がこれを立て替えてくれます。スカイマークではほかの航空会社への振替便の料金をスカイマーク側が負担してくれます。

しかし、これは例外的サービスであり、海外のLCCはほぼ例外なくこのようなサービスは行いません。日本でもピーチやエアアジアなどはこのような保証は全く行いません。

ほかの便が利用できる。返金がされるのならそれでよい?

印象としては、いかなる理由があっても飛行機が欠航したら何も保証されないという印象がありますが、最低限の保証はしてくれます。なので、最大のデメリットといわれてもそれほど大きなデメリットではないと思います。

スカイマーク スカイマーク

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ