福岡~宮崎の交通手段の比較

宮崎市モアイ像

福岡と宮崎の移動について考えていきます。両都市間はかなり離れており、新幹線もないため、鹿児島や大分と比べて気軽にいける場所ではないです。高速バスで行くルート、特急で行くルート、新幹線経由で行くルート、飛行機で行くルートの4つがありますが、それぞれの4つのルートについて価格と利便性を比較していきます。

福岡宮崎間を鉄道で移動する

新幹線ルート

九州新幹線
高速バスみやざき号

博多駅→JR九州新幹線(さくら号)→新八代駅   6.010円  50分

新八代駅→B&S みやざき号→宮崎駅 4.270円 2時間6分

合計; 費用;10.280円   所要時間;約3時間 


新八代まで新幹線を利用し、そこからバスを利用するルートです。新八代までは超特急でいけるので、飛行機以外のルートでは一番速いです。高速バスも、便数はそこそこあり、また九州新幹線とダイヤがリンクしているので、利用しやすいです。また、宮崎以外にも都城や、人吉、えびのからも利用できます。ただし、宮崎県内のみの利用はできません。新幹線開通で新しく登場したルートですが、これが一番利用しやすいルートですね。

九州新幹線のチケットを検索する。
九州新幹線インターネット予約リンク

JR在来線特急

JR日豊本線特急乗り継ぎルート


博多駅→JR鹿児島本線・日豊本線(JR九州ソニック)→大分駅
大分駅→JR日豊本線(JR九州にちりん号)→宮崎駅

費用;9.390円  所要時間;5時間22分


新幹線を使わず、在来線の特急を利用した場合についてみていきます。大分までソニックを使い、大分からはにちりん号に乗り換えて移動します。にちりん号は博多からも出ていますが、便数が極端に少ないので日中は乗換えが必要です。

見てのとおり、費用は9500円弱と新幹線より安いです。しかし、所要時間は6時間もかかり、高速バスよりもかかります。

新幹線ができた今、費用節約にしてもちょっと使いずらいと思います。

1000円程度節約できるものの、時間はかかりますし、乗り換えも必要です。それならば、乗り換えなしでバスで行った方が、コスト的にも時間的にも良いですよね。

鉄道利用だけで比較した場合、所要時間、費用の両方を考えれば、新幹線とバス利用が一番良いのではないかと思います。

福岡宮崎間を高速バスで移動する場合

次に福岡と宮崎の移動におけるバス利用について見ていこうと思います。

フェニックス号

高速バスフェニックス号宮崎行き


博多・天神バスターミナル→フェニックス号→宮崎駅  
合計; 費用;4.630円  所要時間;4時間~4時間30分

*基山、久留米、八女、八代、人吉、えびの、小林、都城にも停車。


直行の高速バスは、フェニックス号があります。博多以外にも基山、八女、久留米、八代、人吉、えびの、小林、都城に停車し途中のバス停からの利用(例えば八女→小林といったルート)が可能です。

また、ウェブで予約すると料金が大幅に割引になるというメリットが有り、かなり安い値段で移動ができます。

割引額は、1980円~4540円。早い時期に予約すればするほど料金が安くなります。また、4列シートの席割を利用すると、早割でなくても2500円で移動できるのでさらにお得です。

ダイヤも充実しており30分おきに出ています。割引による料金の安さ、在来線利用に比べて、所要時間が短いことを考えるとこちらを利用しない手はないでしょう。

福岡宮崎間の高速バスを調べる。

福岡宮崎間を飛行機で移動する

福岡と宮崎間の移動について見ていきます。両都市間は、距離が離れているので飛行機でいくのも手段の1つになります。陸路に関しては距離があるため、移動に時間がかかります。また、鉄道の場合乗り換えも必要になります。ここでは、飛行機の移動に焦点を当ててみていきます。


格安航空券宮崎行き


博多駅→市営地下鉄→福岡空港 260円 5分

福岡空港→ANA・JAC・IBX→宮崎空港 7100円~24100円 45分

宮崎空港→JR宮崎空港線→宮崎駅 350円 10分

運賃;7.710円~24.710円 所要時間;約1時間


ANA,JAC,IBXの3つの航空会社が運行しておりおよ30分おきに運行しています。

料金は通常料金が24000円台と高いですが、格安航空券の割引を使えば10000円以下で可能です。かなり前日に予約しないと、安いチケットは取れませんが直前のチケットであれば、14000円台で乗ることが可能でしょう。

また、どちらの空港も駅と市街地へのアクセスが便利なのが特徴です。ゆえに、待ち時間を含めても1時間~2時間程度の所要時間になるので速く移動したい方には、最も適した手段です。

その他の交通機関との比較についてですが、所要時間の短さは群を抜いています。料金の高さが難点なものの、割引を使えば、鉄道並に安い値段で移動できます。

宮崎行きの格安航空券を検索する。

まとめ
所要時間の面では陸路で行くとほぼ1日移動に費やすことになります。その点飛行機であれば1時間で移動できるので、少し値段が高くなっても飛行機にシフトする価値はあります。残念ながらLCCは就航していません。しかし、割引料金の値段の安さはLCC並なので、うまく使えば、とても使い勝手のよい手段になるでしょう。
価格面では、高速バスが一番安く、次いで飛行機の最安値の航空券となります。時間を気にしないのであれば高速バス、移動時間もかけたくないでも交通費も安くしたいのであれば、格安航空券を利用するのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ