浜松~大阪・京都・神戸の高速バス

神戸
画像は神戸市のポートタワー。

浜松市から関西方面、大阪、京都、神戸の移動について考えていきます。特徴は静岡市からの移動と共通しており、新幹線と高速バスの2つの移動手段があります。しかし、浜松のほうが関西との距離は短いので、心理的な距離もこちらのほうが近いでしょう。

JR東海道新幹線

東海道新幹線

京都まで

・浜松駅→JR東海道新幹線(こだま・ひかり)→京都駅
所要時間;1時間10分~    運賃;7.700円

大阪まで

・浜松駅→JR東海道新幹線(こだま・ひかり)→新大阪駅

・新大阪駅→JR東海道線→大阪駅
所要時間;1時間36分~   運賃;8.420円

神戸まで

・静岡駅→JR東海道・山陽新幹線(ひかり・のぞみ)→新神戸駅

・新神戸駅→神戸市営地下鉄→三ノ宮駅 

所要時間;1時間43分~  運賃;9.920円


まずは新幹線ルートを見ていきます。浜松駅からこだま・ひかり号を利用して移動します。新神戸の場合は、こだま号では移動できないので、途中からのぞみ号・ひかり号に乗り換える必要があります。所要時間は約2時間程度におさまり、運賃は7.700円~10.000円の範囲内になります。

こだま号は、停車駅の多さとひかり・のぞみ号の通過待ち時間があるので、所要時間はこれ以上かかることがあります。時間の差は場合によっては1時間以上違うこともあります。特にこだわりがなければよいですが、速く移動したい場合はひかり号を利用したほうが良いでしょう。

浜松関西間のチケットを検索する。
東海道新幹線ネット予約チケット

ぷらっとこだまの場合

ぷらっとこだまの運賃の場合、以下のようになります。


区間 ぷらっとこだま運賃 通常運賃
浜松-新大阪 7.000円 8.940円
浜松-京都 6.500円 8.290円

ぷらっとこだまの場合、1000円~2000円ほど料金が安くなります。この値段は夜行バスの価格と同じくらいか、少し安いくらいの値段です。安いチケットで移動したいけど、移動時間に時間をかけたくないという人には良いチケットでしょう。

高速バス(夜行バス)

深夜バス


23:49(浜松駅)                  5:00-7:35
菊川・掛川・袋井・浜松駅→京阪神ドリーム→京都駅・なんばOCAT・三ノ宮BC
運賃;5.700円~7.400円



高速バスの夜行バスについてみていきます。ここでは、静岡方面から出ている京阪神ドリームを利用して移動します。浜松以外にも、菊川、掛川、袋井と西部各地域から乗車することができます。値段は5700円~7400円程度。神戸、大阪、京都の3都市に停車します。

なお、浜松からは遠州鉄道が日中の高速バスを運行しています。


演習高速バス


浜松駅・浜松西・舘山寺・三ケ日→大阪線→京都深草・大阪駅・なんばOCAT

所要時間;5時間20分 運賃;2.800円~4.300円



1日2便。浜松市各所から乗車し、大阪まで向かいます。夜行バスと違い、神戸には停車せず、また京都駅にも停車しないので、大阪方面の移動がメインになります。日中のバスを利用して京都・神戸へ向かう場合は、京都は京都深草から鉄道に乗り換え、神戸は大阪駅からJRに乗り換えて移動するのが良いでしょう。

運賃ですが割引を利用すれば2800円から利用できます。最高値でも4300円なので、かなり安い値段で移動が可能だと思います。

浜松関西間の高速バスを調べる。

まとめ

新幹線と高速バスは移動時間の差が大きいので、当日に速く移動するのであれば新幹線、安い値段で移動することを重視するなら高速バスと使い分けるのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ