長距離移動で節約;高速バスのススメ

dsc_0001

高速バスとは、都市間を高速道路を経由して移動する中長距離バスのことを示します。高速バスは中長距離の移動手段ではもっとも安い手段の1つです。値段は新幹線の半分程度で交通費を抑えることができ、節約の手段としては非常に有効です。

例えば、静岡~東京間を比較した場合を見てみましょう。

高速バス、新幹線、在来線のそれぞれの移動手段を比較

700kei

東海道新幹線ひかり号で乗車券3260円+
自由席特急券2410円で計5670円
所要時間は1時間。

 


bus_kousoku_choukyori

静岡駅から東名ハイウェイバスで東京駅まで
2850円 
所要時間は3時間30分

 


10toukaidou

静岡駅から東海道本線で東京駅まで
3260円
所要時間は3時間。

 

在来線を使う人はいないでしょうが、一番安いのは文句なしに高速バスです。2820円お得で半分の値段です。仮に新幹線の各種割引を使用したとしても、高速バス以上に安くなることはありません。

また高速バスは、鉄道だと乗換えが必要な場所や、鉄道が走っていない場所をダイレクトに結ぶ路線が多いのが特徴です。例えば、大阪~四国の主要都市へ行く際、鉄道だと岡山駅で乗り換えが必要ですが、バスであれば乗り換えなしで行くことができます。また、主要都市の駅以外にも、市役所であったり、有名施設であったり、都市部だけでなく郊外のバス停にも停車します。自宅から乗り換えなしでバスに乗車することもでき、非常に利便性に優れています。

高速バスのメリット・デメリット

・移動に時間がかかる。
・渋滞が起きると、定時性が大きく損なわれる。
・隣の席に人が乗っているとストレスになる。 

などがあげられます。

新幹線に比べば快適ではないと思います。長い時間、バスに乗ってなければならず、隣に客が座っていると気を使いますからね。また、渋滞が起きると遅れることもあります。

時間的制約のある人にはオススメできない

絶対に~時までに到着しなければならないという制約がある場合は、オススメできません。最悪を想定すればいくらでも遅れるからです。。その場合は、鉄道にした方が無難です。

それでも高速バスを使うのなら、2時間~3時間以上早く到着するバスに乗らなければなりません。

制約がなければ、むしろオススメ

もっとも時間的制約がなければ良いですし、隣に人が乗っていても気にならないという人なら、問題はないですね。時間はかかりますが、周りの景色を見ていたり、音楽を聞いたりしているとあっと間に時間が過ぎていきます。

時間帯や曜日、時期を選べば、高速バスはすていることも多いので、そういう時期を選んで乗ればとても快適です。全体的に、平日の昼のバスはすいてることが多く、逆に夜行便や休日便、特に早朝や夕方便は混雑する傾向にあります。また、休日は時間帯によって遅れることが多いものの、平日の昼間だと、定刻通りもしくは定刻より速くつくことがあります。

高速バスは移動時間こそかかるものの、運賃が安いため交通費節約の王道的存在です。バスをうまく利用することが、交通費を抑える最大の要と言っても過言ではないでしょう。

高速道路高速バス料金・割引を調べる。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ