飛行機と新幹線のとりまく環境【競合関係にある両者】

上空から新幹線を撮影。
飛行機と新幹線は所要時間の速さを最大の武器に、お互いに競合の関係にあります。

どちらの方が速くて、どちらの方が価格が安いかはその移動区間によって大きく異なり、新幹線が安いケースもあれば飛行機が安いケースもあり、新幹線が速いケースもあれば飛行機が速いケースもあります。

LCC(格安航空会社)登場により価格面はLCCの方が有利か?

2012年のピーチの就航をはじめ、日本各地でLCC(格安航空便)が就航し始めています。LCCが就航している区間に限っては、価格面では新幹線にかないません。移動時間に関しても新幹線側が不利で、LCCの圧勝でしょう。

しかし、LCCは大都市と大都市、および北海道や沖縄便限定なので、一部区間に限られます。まだまだJALやANAなどの航空会社のシェアの方が大きいのが現実です。

格安航空券と新幹線、飛行機の方が優勢か?

近年では、格安航空券の登場により、飛行機のチケットの価格が安くなりました。従来は3万円以上かかっていたチケットが、1万円から1万円を下回るチケットも登場したことで、飛行機の利用の敷居が大幅に低くなりました。

これによって飛行機が新幹線の価格に近づき、さらに安くなったことで両者の競合関係はより大きくなったと言えるでしょう。そして格安航空券によって、飛行機を使った方が安く、かつ速く移動できる区間が増えてきています。

長距離ほど飛行機の方が優勢(価格が安い、移動時間が短い)

この傾向は、特に長距離ほど顕著な傾向にあります。たとえば東京から福岡までは新幹線で約21000円ですが、飛行機を利用するとLCCであれば8000円程度、格安航空券でも10000円から15000円程度です。さらに所要時間も飛行機の方が速いので、飛行機の方にシェアが移っています。

また、直行便ではなく新幹線から特急に乗り換えが必要な区間も、飛行機の方が優勢になるケースが多いです。新幹線で早く移動しても、特急列車での移動に時間がかかるので、飛行機の方が速く着いてしまうんですね。たとえば東京から松山や、東京から高知への移動、または新幹線が在来線を走行する東京から秋田の区間は、その典型例です。

ちなみに、前述で取り上げた区間ほど長い距離ではありませんが、東京から大阪、大阪から福岡の区間は飛行機の方が圧倒的に有利です。LCCが就航していることもあって、価格競争が激しいため安い値段のチケットが多いからです。

中距離は新幹線の方が優勢

逆に、新幹線の方が優位になるケースもあります。それは新幹線1本で移動ができる区間であったり、新幹線の方が値段が安くなるケースです。たとえば東京から山形の移動では、新幹線の方が値段が安いです。所要時間に関しては、飛行機の待ち時間を考慮するとどちらも同じくらいになるので、飛行機で移動するとむしろ高くついてしまいます。

しかし、このようなケースはあまり多くなく、飛行機の方が不利になる場合は、ほとんどの便が廃止されます。東北新幹線開業による東京盛岡間、東京仙台間の就航便廃止はその典型例です。

損益分岐点はどこか?

それでは、飛行機と新幹線の価格が中間になるのはどのくらいの距離でしょうか?飛行機の格安航空券の場合、値段の変動があるため、最安値よりも2000円から3000円高くなることは普通にあります。それを考慮していくと、損益の分岐点、つまり両者の価格が逆転する可能性のある区間、なおかつ新幹線1本で行ける区間の場合、400km~700kmの位置にあるのではないかと思います。

東京~青森間を例にとると、両者は値段にそれほど大きな差はありません。さらに、東京~盛岡間(約500キロ)が就航していないことを考えると、このあたりが分岐点と考えて良いでしょう。ほかの区間も同じです。しかし、例外もあり、東京~秋田間のような在来線を挟むような区間と、東京~大阪のような価格激戦区でLCCも就航しているような区間の場合は、飛行機の方が優勢になってしまいます。

まとめ

新幹線の開業で、航空便が廃止に追い込まれるケースも多いのですが、400キロから700キロを境に、それ以上の長距離では未だに飛行機のシェアの方が高く、格安航空券を使えば安くて速い手段になると思います。

格安航空券を検索する。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索 新幹線ネット予約 新幹線ネット予約

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ