スカイマークは便利で安いか?【神戸、関空のLCC(ジェットスター・ピーチ)との比較】

スカイマーク航空

スカイーマークは格安航空ではありませんが、通常の航空券価格は、ほかの航空会社に比べると安く、場合によってはLCCと競合することもあります。神戸空港はスカイマークが多く就航している空港でもあり、ほかの地方へ安い価格で移動できる魅力があります。関西の場合、関空発のLCC(ジェットスターやピーチ)を利用する人も多いと思いますが、神戸空港から発着するスカイマークと、関西空港のLCCと比較してみて、どちらが使いやすく値段が安いのでしょうか?

ここでは、新千歳神戸間を例に挙げてジェットスターと比較していきます。

スカイマーク

スカイマーク神戸新千歳間

・三ノ宮駅→ポートライナー(神戸空港行き)→神戸空港 330円 25分

・神戸空港→スカイマーク→新千歳空港  6300円~ 1時間55分

合計 ;6630円~ 約所要時間;2時間20分(待ち時間を除く) 


ジェットスター

ジェットスター神戸新千歳間

・三ノ宮駅→ポートライナー→関西国際空港 1950円 1時間5分

・関西国際空港→ジェットスター→新千歳空港 4870円~ 1時間45分

合計;6820円~ 所要時間;2時間50分程度


どちらも最安値から比較していきます。結果としてはどちらも同じくらいの値段になりました。ジェットスターの場合は受託手荷物や座席指定料金などが上乗せされるので少し高くなります。それも考慮するとスカイマークの方が良いかもしれません。どちらも日によって値段の変動が大きいため、日によってはジェットスターのほうが安くなることがあります。

値段の変動の幅は6000円~10000円と考えておけばよいでしょう。なおピーチもほぼ同じくらいの値段になると考えてよいです。

値段が同じくらいなら神戸空港からのスカイマーク

値段が同じくらいなのであれば神戸空港からのスカイマークを利用した方が良いでしょう。起点が神戸市もしくは姫路や明石などの兵庫県内であれば、関空より神戸空港の方が近いうえに、所要時間も料金もかからないからです。
神戸から見ると関西空港はやはり遠いですし、高速バスでの移動の場合、遅れるケースもありますからね。

また、LCCの場合、受託手荷物や座席指定料金を加えると高くなります。これによってスカイマークよりも高くなることがあるでしょう。一方でスカイマークは20kgまでは無料なので、手数料がかかりません。また、座席指定料金もかかることはありません。機内サービスはどちらも有料ですが、これは通常のLCCと同じなのでさほどデメリットにはならないでしょう。

利便性はスカイマークの方が上?LCCより便利?

前述した追加料金もありますが、神戸市からなら神戸空港までのアクセスの良さが最大のメリットです。神戸の中心部である三ノ宮からはバスで30分圏内の距離にあります。一方で、関西空港は大阪市や神戸市からは離れすぎていますし、移動に1時間はかかるので不便です。

仮にLCCの料金が安くても、関空まで行くのにかかる交通費が上乗せされると、結局スカイマークと同じくらいになってしまうケースもあるので、そう考えるとスカイマークの方が便利だし、安いということになるでしょう。

スカイマーク神戸就航路線
スカイマークの就航路線

まとめ

一般的な傾向としては、スカイマークの方が安くて便利です。ただし、日によって変わることを考慮して、安い飛行機見極めたうえで利用すると良いでしょう。

神戸新千歳間の航空券を検索する。
神戸新千歳間のスカイマークの価格を調べる
スカイマーク航空リンク

スカイマーク スカイマーク

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ