こだま指定席往復切符について

こだま指定席往復切符
こだま指定席往復切符とは、山陽新幹線のこだまの指定席に格安で乗ることのできる切符です。ぷらっとこだまと似たものだと言えば良いでしょうか?

バリ得こだまと違い、大阪~福岡区間のみという制限はなくどの区間でも利用することができます。岡山~広島とか中国地方でも利用できるということです。ただし、料金表に載ってない区間は利用できないようです。(大阪~博多などは、ないので不可。詳しくは、料金表を参考。)

指定席往復切符の料金

詳しい料金は下記に載っていますので参考に・・・

指定席往復切符料金

どれくらい安くなるのか?を見ていくと・・・


こだま指定席往復切符

大阪市内発⇔山陽新幹線⇔広島駅及び市内
料金12.500円   通常料金18.880円
片道料金;6.250円 通常料金;9.440円

 

料金は、往復料金です。通常料金よりも、3割ほど安くなります。

学割が2割、往復が1割引ということを考えると、かなり割引率が高いことがわかると思います。もう1つ見ていきます。


こだま指定席往復切符

新尾道⇔山陽新幹線⇔博多駅
料金;13.500円 通常料金;20.140円
片道料金;6.750円 通常料金;10.070円

 

指定席往復切符は、東海道新幹線のぷらっとこだまとは違い、主要駅間以外の区間でも利用できるメリットがあります。料金一覧にも、ほとんどの駅間の料金が載っているので、載っている区間であれば、新尾道~厚狭のようなマイナーな区間も利用可能なわけです。

このほか、駅レンタカーが安い価格で利用できたり、一部のひかり号も乗車できたりと様々な特徴があります。




こだま指定席往復切符のメリット・デメリット

こだま指定席往復切符の特徴を、メリットとデメリットと合わせて紹介します。

メリット

  • 3割~4割引の料金で利用できる
  • 一部のひかり号にも乗車できる。

*岡山発着のひかり号のみ乗車が可能です。

  • 駅レンタカーを24時間2000円で利用できる。

*利用できるのはSクラスの車のみ。つまりコンパクトカー限定。

  • 子供料金は、距離に関係なく一律3000円

*ただし子供だけで利用することはできない。

  • 21日前から発売開始。前日購入が可能。

料金の安だけでなく、なんとレンタカーが1日2000円で使えるという特典が付きます。コンパクトカー限定で、一部利用できない店舗もあるみたいですが、レンタカーを利用したい人にとっては、良い切符ですね。

デメリット

  • 1人での利用は不可能。2人以上で利用しなければならない。
  • 席・便は完全指定。乗り遅れたら当然無効になる。変更は不可。

*ただし、料金は数百円取られますが、払い戻しは可能です。
*乗り遅れた場合、乗車券は有効なので特急券のみ新たに購入する必要があります。

1人で利用できないのがぷらっとこだまとの違いで、1人旅では使えない切符です。それ以外は、ぷらっとこだまと同じで、制約が多いのが難点です。

しかし、料金の安さは魅力的なので、往復で新幹線を利用するならぜひ利用したい切符だと思います。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索 新幹線ネット予約 新幹線ネット予約

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ