前泊とは?朝の飛行機を利用するためにホテルで宿泊?

dsc_0065
前泊とは、次の日の飛行機を利用するためにホテルに宿泊することを言います。

早朝に出発する便に乗るため

前泊は、朝の6時や7時ごろに出発する飛行機に乗るために、空港近辺のホテルなどに宿泊し、次の日の早朝にチェックアウトし、朝早い時間帯に空港に到着するというのが主なスタイルです。

公共交通機関を利用して空港へ行く場合、空港へのアクセスは、基本的に24時間問題ありませんが、自宅から主要駅までのアクセスの場合、朝の早い時間帯ではバスや電車が稼働していない可能性があります。また、稼働していたとしても、出発が朝方2時や3時だったりすることもあります。

バスや電車が動いていなければ、空港へはいけませんよね?また朝の速い時間帯に出発するのは嫌ですよね?そういったケースのために、前泊をして次の日に空港に行くのです。

空港近辺、及びス主要駅近辺に宿泊

前泊をするホテルは、主に空港からアクセスのよい地域、空港近辺や空港から直行バスが出ている主要駅近辺などです。少なくとも、離陸の1時間前に難なく到着できる位置がのぞましいです。

例えば、関空発の早朝便に乗るであれば、難波駅周辺や大阪、新大阪周辺、及び関空近くのホテル。成田の場合は、成田市内や、東京駅近辺などのホテルが前泊をするにあたって良いでしょう。また、何もホテルである必要はなく、ネットカフェやカプセルホテル、健康ランドでも良いです。とにかく早朝の飛行機に間に合えば良いのですから。

LCCを利用するのであれば、前泊用のホテルは格安ホテルのほうが好ましいです。LCCを利用する目的そのものは、航空運賃の節約が目的なので、そこで高いホテル、たとえば8000円や10000円のホテルに泊まったら、節約の意味がありません。それなら、日中の格安航空券を利用した方が良いでしょう。

なぜ?わざわざ前泊までして、早朝の飛行機に乗るのか?

しかし、日中の飛行機便があるのに、わざわざ前泊までして早朝の飛行機に乗る必要はありませんよね?それでもなぜ乗るのかと言えば、朝方の飛行機の運賃が安いからです。特に格安航空券やLCCにいえるのですが、早朝の時間帯の飛行機は、ほかの時間帯より値段を安く設定する傾向にあります。朝方のLCCと通常の時間帯の格安航空券と比べると、その差は大きく、前泊の費用+LCCと、格安航空券を比較しても前者のほうが安くなるケースが多いです。

また、地方空港よりもLCCの就航する空港を利用した方が安くなるケースがあり、その場合でも、距離が離れていれば前泊をする必要が出てきます。つまり、朝方の値段の安い飛行機に乗るためというのが前泊をする最大の理由です。

前泊や後泊でホテルに宿泊する場合、どこが一番良いか?考えていきます。ここでは特に前泊に焦点を絞って考えていきます。

飛行機に乗り遅れないこと

前泊をするうえで重要なのは飛行機に乗り遅れないことです。そのためには国際線であれば3時間~2時間前、国内線であれば2時間~1時間前に空港に到着する必要があります。朝8時の便であれば6時頃に、朝6時であれば4時~5時ごろにということになるでしょう。

それを考慮したうえで前泊する場所を選ぶ必要があるので、場所はシビアに選ぶ必要があります。



前泊に最適な場所とは?

空港の近くもしくは空港の中

photo0000-5624

一番良いのは空港の周辺及び空港の中での宿泊です。空港から近ければ朝早い時間の飛行機にも対応することができます。特に空港内にホテルを構えてるのであれば、空港に到着する時間を気にする必要はありません。チェックイン時間までにホテルから出ればよいだけの話ですからね。
参考;空港内にあるホテルの宿泊レポート。

空港周辺のホテルも前泊には適しています。空港利用者のためにシャトルバスを設けているホテルが多いので、少し離れていても、それを利用することで空港への移動が簡単になります。ただし、シャトルバスは24時間利用できるわけではないので朝早い時間の飛行機を利用する場合、シャトルバスの始発便は何時か調べておく必要があるでしょう。

空港周辺はホテルの数は少ない。

しかし、実際問題、空港周辺にはホテルが多くあるわけではありません。地方空港ともなると1つしかホテルがないケースもあり、前泊としては良いですが値段が高く利用しずらいケースもあります。

空港周辺の主要都市の中心部

photo0000-2828
次に候補に挙がるのは、空港周辺の都市の中心部です。たとえばセントレア空港なら名古屋市、関西空港なら大阪市といった感じです。都市部に行けばホテルはたくさんあり、且つ安い値段のホテルも見つかりやすいです。また主要都市からは、概ね空港へのアクセスバスや鉄道が走っているので空港へのアクセスも悪くありません。

気を付けるのはバスや電車の時刻です。始発は何時からか?所要時間はどれくらいか?また、どれくらい離れているか?です。移動時間が30分程度であれば問題ないですが、1時間程度が限度でしょう。あまりに離れていると、ダイヤ自体が早朝の飛行機に対応していない可能性があります。

それぞれの空港によって差異はあるものの、概ねこの2つが前泊や後泊の候補地になると思います。ちなみに、後泊は飛行機の時間を気にしなくて良いので、候補地は増えると思いますが、概ねこの2つの候補地の方が便利ですから、同じように考えてよいでしょう。

LCC航空券を検索する。
前泊のためのホテルを調べる

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ