浜松~名古屋の移動【JRか?名鉄か?】

名古屋と浜松間の移動について
浜松市から名古屋市へ移動するルートについて考えていきます。名古屋までは鉄道がメインルートであり、選択肢は新幹線、JR在来線、名鉄の3つあります。また、高速バスで移動する手段もあり、すべて合わせると4つの選択肢があることになります。

JR東海道新幹線

東海道新幹線

JR浜松駅→東海道新幹線こだま・ひかり号→JR名古屋駅
乗車時間;42分 
費用(自由席)4.420円


新幹線こだま号を利用した場合です。ひかり号であればもう少し速くなるかもしれませんが、おおむね40分の移動時間です。速達の移動手段では新幹線が一番ですが、運賃が高いのが難点です。なお、短距離なので新幹線の各種割引はありません。
新幹線の運賃を節約したければ、豊橋まで在来線を使い、新幹線に乗り換える方法もあります。しかし、豊橋まで行けばJR、名鉄の各種快速が利用できますから、わざわざ新幹線を使うよりも快速列車で移動したほうが速いでしょう。

節約手段としては、次にJR在来線、名鉄を利用する手段がありますが、それぞれ比較していきましょう。

JR東海道線

東海道線

浜松駅→JR東海道線→名古屋駅
*ほとんどは豊橋駅で乗り換え、浜松から直行の電車あり。

所要時間;1時間33分 運賃;1.940円


在来線の場合、特急料金がかからないので1940円で移動ができます。その代り所要時間が90分かかるのですが、豊橋初の電車はクロスシートが利用できるので、それほどストレスにはなりません。これは名鉄でも同じです。

ほとんどは豊橋で乗り換えが必要になりますが、一部の列車は浜松を始発として、乗り換えなしで名古屋まで移動するものもあります。それを利用すれば乗り換えなしで行くことが可能です。

JR名鉄線

名鉄名古屋線

浜松駅→JR東海道線→豊橋駅 670円 38分

豊橋駅→名鉄特急→名鉄名古屋駅 1.110円 53分

所要時間;1時間31分(乗り換え除く) 運賃;1.780円


つづいて名古屋鉄道を利用した場合です。この場合は豊橋駅で乗り換えが必要になります。値段はこちらのほうが若干安いです。所要時間も同じくらいですが、これは乗り換えの時間は含みません。JRと比較するとどちらも同じくらいという結果ですね。ちなみに、名鉄名古屋駅と名古屋駅は極端に離れているわけではないので、どちらで降りてもそれほど時間が変わるわけではないです。

高速バス

東名ハイウェイバス

浜松北バスストップ→東名ハイウェイバス→名古屋駅

所要時間;2時間9分  運賃;1.730円


最後に高速バスについて取り上げます。鉄道とは方向性が全く違うのですが、価格では名鉄と同じくらいの料金で1730円です。所要時間は約2時間ですが、名古屋市内の移動で前後します。高速バスは、浜松市内からは利用できないので、浜松駅から利用する場合は遠州鉄道で自動車学校駅前で降りて、徒歩でバス停まで行く必要があります。

高速バスはこれ以外に、舘山寺、浜名湖、三ケ日にも停車します。バスの場合はバス停近辺に住んでいる人には利用しやすいですが、そうでない場合は浜松駅から鉄道を利用したほうがよいと思います。

また、高速バスは名古屋インター、星ヶ丘、本山、千種、栄にも止まりますので、目的地がバス停近辺の場合は高速バスのほうが便利だと思います。また、岡崎、豊橋、日進にも停車するので、名古屋駅から乗り換えが必要なルートの場合、高速バスを利用するのがよいでしょう。
しかし、最近では高速バスの運行便自体が減少しており、また各駅停車のバスもほとんどありません。浜松北バスストップに停まるバスはそこそこあるものの、以前よりは不便になってきています。

まとめ
まとめると、新幹線は値段にかかわらず速く移動したい人向けで、JRや名鉄ルートは価格を抑えたい人向けです。高速バスも同じですが、こちらは目的地がバス停近辺にある場合に便利です。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ