名古屋~松本・長野の交通手段

長野市善光寺
ここでは、名古屋から長野県内への移動について考えていきます。主要都市である松本市、長野市への移動手段を取り上げて比較していきます。

松本市への移動

名古屋駅から松本方面への移動について考えていきます。2つの都市間の距離は188kmとそれほど長い距離ではありません。新幹線はないので、高速バスと特急の2つの選択肢になります。それぞれ比較していきます。

ワイドビューしなの

ワイドビューしなの

名古屋駅→JR特急ワイドビューしなの→松本駅

所要時間;2時間4分  
運賃;5.510円


高速バス

中央道ハイウェイバス


名鉄バスセンター・桃花台→特急名古屋長野線→岡谷・松本インター・松本駅

所要時間;3時間27分   運賃;2.600円~3.560円
*夜行バスはなし。日中のみ。


鉄道ルートはワイドビューしなのを利用して移動します。ほぼ中央線を走ります。所要時間は約2時間。高速バスは3時間30分程度ですから、ワイドビューしなのの方が速いです。乗り換えなどにかかる時間もありません。

高速バスは、時間こそかかるものの、安ければ鉄道の半分の値段で移動ができます。最高値の3560円でも十分に安いでしょう。なお、どちらも1時間に1本程度の間隔で出ていますから、時間の融通は利きます。

このルートでは、単純に価格重視なら高速バス、移動時間重視なら特急と使い分けるのが良いでしょう。

長野市への移動

長野へは名古屋から直通で新幹線は走っていません。東京駅で東海道新幹線から北陸新幹線に乗り換えるのであれば新幹線も利用できますが、あまり現実的ではありません。JR特急を利用するか高速バスを利用するかの2つの手段があります。

特急列車

ワイドビューしなの


名古屋駅→特急ワイドビューしなの→長野駅 
所要時間;2時間53分 
運賃;6.810円(自由席)


JR中央線を走るワイドビューしなのを利用して長野まで行きます。所要時間は約3時間で、運賃は6810円程度です。ちなみに、新幹線の場合3時間30分程度かかるうえ、料金も17000円と高くなるので、鉄道の場合、ワイドビューしなの以外に有効な手段はありません。

このワイドビューしなのは、かつては大阪から1日1便出ていたのですが、廃止になってしまい現在では全てが名古屋発になっています。

高速バス

長野行き高速バス


名鉄バスセンター・桃花台→特急名古屋長野線→・長野バスターミナル・長野駅
(長野市内のバス停に停車)
所要時間;4時間35分   運賃;3.600円~4.630円


松本へ向かうバスと同じバスです。料金は3.600円から、所要時間は4時間30分程度です。値段は日によって変動するのですが、いずれにしても特急の半分の価格で移動ができます。長野市の各所と、長野自動車道の各バス停にも停車するため、沿線が目的地の人も利用ができます。
このバスは松本への便は多いのですが、長野行は1日2便しか出ていないためあまり便利ではありません。そのため、時間に融通が効かないと、うまく使えないのが難点です。

ほかの都市の移動と同様に、高速バスが圧倒的に安いのです。松本方面へ移動する場合は高速バスがかなり有利になりますが、長野方面の場合、便数が少ないため、JR特急が有利です。値段は高いですが1時間に必ず1本ある「特急ワイドビューしなの」の方が、時間の融通が効くので便利と言えるでしょう。

長野方面への高速バスを調べる。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ