名古屋~沖縄の飛行機【ジェットスターと格安航空券】

名古屋沖縄の飛行機での移動
名古屋から沖縄へは、これまでLCCがなかったため、格安航空券を使うか関西空港からピーチかジェットスターを使う方法しかありませんでした。

しかし、2015年3月29日にジェットスターが就航すしました。そのため、名古屋をはじめとした中部圏から沖縄へ、より安い価格で行けるようになります。

ここでは、名古屋駅を起点として、那覇空港までいくらかかるのか?見ていきます。

LCC(ジェットスター)

LCC格安航空ジェットスター名古屋沖縄間

名古屋駅→名鉄常滑線(空港行)→セントレア(中部国際空港) 
  52分     870円
セントレア(中部国際空港)→ジェットスター→那覇空港      
 2時間20分   7.390円~
合計;3時間12分  費用;8.260円


最安値は、7000円台からあります。名古屋駅とセントレアの鉄道運賃を含めても8000円ちょっとでになります。高い時期に行っても、おおよそ15000円くらいにまで抑えられるでしょう。

一方で、通常の格安航空券では、いくらかかるか見ていきます。

セントレア発沖縄行のLCC航空券を検索する。

格安航空券

名古屋沖縄間の格安航空券

名古屋駅→名鉄常滑線(空港行)→セントレア(中部国際空港)  
 52分          870円
セントレア(中部国際空港)→スカイマーク・アナなど・・・→那覇空港  
約 2時間20分   10.500円~

合計;約3時間20分  費用;11.370円~


格安航空券は、検索するとたくさんでてきます。値段は10000円から20000円くらいの幅があり、平均は13000円くらいです。値段はジェットスターに比べると高めですが、ジェットスターは1日1便しかないのに対し、こちらの便は充実しています。

ジェットスター便が最安値なので、これを第1候補として、ジェットスターに乗れない場合は、格安航空券を利用して行くのが良いでしょう。

*なお、上記価格は時期やその年によって、大きく変わることがあります。

関空のLCCを利用する手段もある。

時間に余裕があるのであれば、セントレアではなく関空を利用するという手もあります。費用を抑えるために飛行機はもちろんLCCを利用し、名古屋~関空までも、高速バスで移動する手段なら可能です。


LCC格安航空ジェットスター名古屋沖縄間

名古屋駅→名神ハイウェイバス→なんばOCAT 1.500円~3.000円 約3時間

なんばOCAT→関西港連絡バス→関西国際空港 1.050円 48分

関西国際空港→ジェットスター/ピーチ→那覇空港  5190円  2時間15分~
 
合計;7.740円~ 所要時間;約6時間30分~


名神ハイウェイバスおよび、空港行のバスを利用します。関空までのルートは近鉄、新幹線、在来線利用など複数あるので、この限りではありません。
名神ハイウェイバスでは割引を利用し1500円で利用したとすれば、最大で7.740円で移動することが可能になります。価格の変動を考慮すると、10.000円くらいと考えればよいでしょう。ただし、移動時間がかかるのでほぼ1日か半日は移動に費やす必要があります。

セントレア発沖縄行の格安航空券を検索する。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ