名古屋~高山の移動【ワイドビューひだと高速バス・白川郷】

高山市内の町並み
岐阜県高山市は飛騨地方の観光地として有名であり、飛騨地方最大の都市でもあるため観光の拠点になる都市でもあります。そのため、多くの人が高山市を訪れると思います。

高山へは名古屋市から乗り換えで移動しなければならないので、東京や西日本から来る人も名古屋~高山間の移動ルートを考慮しなければいけません。高山市へは高速バスを使うルートと鉄道を使うルートの2つがあります。それぞれ比較していきましょう。

ワイドビューひだ

JR高山本線ワイドビューひだ号


名古屋駅・岐阜駅・美濃加茂駅→JR特急ワイドビューひだ→高山駅

所要時間;2時間35分  
運賃;5.510円


高速バス

名鉄高速バス名鉄バスセンター発高山行き

・名鉄バスセンター・JR名古屋駅→名鉄高速バス→郡上八幡・清見・高山濃飛バスセンター
*高山濃飛バスセンターは高山駅に近接。

所要時間;2時間40分(日中のバス) 運賃;2.980円


鉄道に関しては、名古屋駅から特急ひだ号が出ています。この電車1本で高山市まで約2時間30分で移動できます。運賃は約5500円。

高速バスは名古屋駅・名鉄バスセンターから高速ひだ号が出ています。こちらも鉄道と同じくらいの所要時間ですが、値段は約3000円と安いです。高山以外にも郡上八幡・清見にも停車します。どちらも1時間1本間隔で出ているので、時間の融通が利きます。

バスが有利?
この区間では、鉄道と高速バスの移動時間が同じくらいなため、鉄道での移動にメリットを感じません。鉄道が時間がかかるのは、山間部を走るのが原因でしょう。そのため、単純に名古屋~高山の移動となると、高速バスで移動したほうが、価格でも移動時間でも有利でしょう。

一方で、この特急は岐阜駅で高山本線に入り、各務原市、美濃加茂市、下呂市、飛騨市を通過し、富山駅に至ります。そのため名古屋駅から岐阜県南部への移動や、下呂市方面へのアクセスには向いています。
飛騨地方への移動の際には、目的地別に使い分けるのが賢い選択肢だと思います。

飛騨地方への高速バスを調べる。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ