名古屋~富山の飛騨経由と北陸新幹線、高速バス

富山市
名古屋から富山への移動について考えていきます。どのような手段があるのか?ピックアップしてみると、意外と手段が多く、3つの手段が出てきます。1つ目は金沢経由で行く方法、2つ目は高山経由で行く方法、3つ目は高速バスで行くルートです。それぞれのメリット、デメリットを取り上げてみていきましょう。

金沢経由

特急しらさぎ・北陸新幹線

名古屋駅→JR特急しらさぎ号→金沢駅 
所要時間;3時間18分

金沢駅→JR北陸新幹線つるぎ号→富山駅
所要時間;23分

合計;3時間41分(乗り継ぎ時間を除く)  
費用;8430円


金沢までJR特急しらさぎ号、金沢から富山まで北陸新幹線を使うルートです。所要時間は3時間40分程度で、料金は8400円です。なお、金沢駅から在来線、いしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道を使って富山に行くルートもあり、その場合はもう少し安上がりになります。この場合8000円程度の値段ですが、それほど安くはならないので、ここでは省略します。さらに、米原まで東海道新幹線を利用するルートもあります。この場合、30分ほど時間が短縮されますが、料金は10050円とかなり高くなります。
まとめますと…

金沢から在来線→ 400円程度の節約にしかならない。
米原まで東海道新幹線→30分程度しか短縮にならず、かつ1500円高くなる。

ということです。ですから、特急しらさぎで行く場合、上記のルートで行くのが一番理に適っていると思います。

高山経由

ワイドビューひだ号

名古屋駅→JRワイドビューひだ号→富山駅
所要時間;3時間43分 
 運賃;7130円



高山本線を走るワイドビューひだ号を使ったルートです。これが乗り換えがなく一番単純に移動できるルートです。所要時間は3時間40分ほど、金沢経由とほぼ同じですが、値段は7100円。料金についても、鉄道で移動する場合は、これが一番安上がりです。

高速バス(昼行)
高速バス名古屋富山線

名古屋駅→高速バス名古屋富山線→富山駅
所要時間;3時間37分 
 運賃;4630円


最後に、高速バスを使うルートも見てみます。名古屋富山線という路線を使います。北陸道を経由せず東海北陸自動車道を使うため、所要時間は3時間40分ほど、値段は4630円で行くことができます。主に富山市内のバス停に停車しますが、それ以外の市町村には停まりません。便数は非常に多く、1時間に1本の間隔で出ているため使いやすいです。なお、夜行バスもあるのでそちらも掲載します。

高速バス(夜行便)

深夜バス

23:15発                05:15着
名古屋駅→北陸ドリーム名古屋→富山駅
運賃;5050円


金沢経由の北陸ドリームを使います。運賃は昼のバスより400円ほど高い5000円程度、1泊分込みですからかなりリーズナブルな料金だと思います。

まとめ

すべてをまとめると、夜行便を除いて、名古屋と富山の移動ではどの手段でも3時間40分程度の所要時間になります。そうなると、値段が一番安い高速バスを使うのが、一番理にかなった方法だと思います。

名古屋発富山行の高速バスを調べる。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ