静岡に新幹線のぞみが止まらない理由

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
静岡県民にとって、他県に出る際、不便に感じるのが「のぞみ」号が一切県内の駅に停まらないことです。「のぞみ」どころか、「ひかり」ですらほとんど停車せず、県内からの移動は「こだま」しかないのが現状です。

現在、「ひかり」が停車する駅は静岡駅、浜松駅、三島駅、熱海駅のみで、おおよそ1時間に1本の間隔で停車します。しかし、東海道新幹線は「のぞみ」に主点が置かれ、「ひかり」「こだま」は削減される方向にあるようです。

さらに「こだま」に関しても、便数はそれほど多くないうえ、各駅に停まるごとに「のぞみ」の通過待ちで数分待たされるという事態に陥っており、かなり理不尽な扱いを受けています。




なぜ?静岡に停まらない?

これについては合理的な理由がいくつかあります。

東海道新幹線が首都圏~中京~関西圏移動に主点が置かれている。

東海道新幹線は、東京~名古屋~大阪の3大都市圏間の移動に焦点が当てられています。3大都市圏の人口は、静岡とは比較にならないほど多いですから、当然、静岡へ移動するお客よりも3大都市圏間を移動するお客のほうが圧倒的に多いです。

そう考えると、後者を優先的に考えたほうが、利益を上げるためには良いのは明白ですよね。これが1点です。

山陽新幹線も含めて、長距離移動に主点が置かれている。

山陽新幹線と直結していますから、それも含めると、静岡への移動は本当に微々たるものだと思います。東京~広島、東京~岡山、東京~博多といった需要も相当数のもので、これらの需要を優先し停車した分の時間ロスや、利用客がいるのかどうかを検討すると、通過させてしまったほうが理に適っているのでしょう。

東京静岡間は、のぞみは不要。

東京静岡の区間に限って言えば、ひかりで1時間もかかりませんし、こだまでも1時間30分なので静岡に停車するのぞみを利用しても、対して所要時間は変わらないというのがあります。需要はどれほどのものか知りませんが、おそらく「のぞみ」を停めるほどの需要はないでしょう。仮にあったとしても、静岡以西からの利用客のほうが、圧倒的に多いのは明白で、そちらを優先的に考えた方が理に適っているのでしょう。

上越新幹線や、東北新幹線のケースで考えてみても、100キロ少ししか離れていない宇都宮や、高崎にすべての列車が停まるかといえば、停まらないでしょう。遠方への移動を考慮したら、人口規模に関係なく(よほどの大都市でない限り)通過させてしまったほうが、所要時間短縮になるでしょう。

要は、需要と所要時間短縮の問題で、のぞみ号を停めるだけの十分な需要とメリットがなければ、今後ものぞみが停車することはないと思います。

ただし、中央新幹線の開通で、のぞみが廃止され、(中央新幹線が「のぞみ」の役割を担うようになれば)東海地区の移動に主点が置かれ、特急すべてが静岡に停車するようになるかもしれません。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索 新幹線ネット予約 新幹線ネット予約

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ