岡山から沖縄の飛行機【関西経由のLCCと岡山空港】

沖縄
岡山から沖縄への移動ルートについて考えていきます。もちろん飛行機がメインなのですが、岡山空港から沖縄へ行くルートと、もう1つ関西空港のLCCを利用するルートも候補に入ります。複数の候補を比較してみていきましょう。

岡山空港経由

岡山空港発の格安航空券


・岡山駅→岡山空港バス→岡山空港 30分 760円
 倉敷駅→岡山空港バス→岡山空港 35分 1.130円

・岡山空港→JAL→沖縄空港 約2時間 25.920円~

合計;26.680円・27.050円~ 所要時間;2時間30程度(待ち時間除く)


岡山空港から沖縄への飛行機はあるものの、格安航空券でも2万円を超えるため高いです。もともと競合区間がない路線だけに、価格が高くなってしまうのは仕方ないでしょう。所要時間は2時間~3時間程度なので、それほど時間はかかりません。

関西空港のLCC、神戸空港のスカイマークを利用する

もう少し安い値段の方法としては、関西のLCCやスカイマークに頼る方法があります。岡山の場合、関西とそれほど離れていないので、所要時間もそれほどかかりません。

神戸空港からスカイマークを利用する

スカイマーク沖縄行き


・岡山駅→JR山陽新幹線のぞみ号→新神戸駅 5.070円 32分
(倉敷駅→JR山陽本線→岡山駅 18分 値段は同じ)
*倉敷発の場合は、所要時間がプラス18分。)

・新神戸→市営地下鉄→三ノ宮駅 210円 2分

・三ノ宮駅→ポートライナー(神戸空港行き)→神戸空港 330円 25分

・神戸空港→スカイマーク→那覇空港  6.390円~ 2時間5分

合計 ;12.000円~ 所要時間;約3時間4分(待ち時間を除く) 


神戸のスカイマークを利用するケースを見ていきます。岡山から神戸空港までは新幹線、地下鉄、バスなどを乗り継いでいきます。乗り換えが複数回あるのが難点ですが、最安値の価格で利用できれば12000円で移動することが可能です。仮に航空券が1万円だとしても、16000円ぐらいなので岡山空港を利用するよりも値段は安いです。

ちなみに、岡山~神戸間を高速バスで移動することも可能で、その場合は新幹線の約半分の値段になります。

関西空港のLCCを利用する。

ジェットスター・ピーチ関空発"

・岡山駅→JR山陽新幹線のぞみ号→新大阪駅
(倉敷駅→JR山陽本線→岡山駅 18分 値段は同じ)
*倉敷発の場合は、所要時間がプラス18分。)

・新大阪駅→JR特急はるか号(関空行き)→関西国際空港 7.180円  1時間33分

・関西国際空港→ジェットスター→那覇空港  5.190円~  2時間15分

合計;12.370円~ 所要時間;3時間48分程度(待ち時間を除く)


3つ目の手段としては、関西空港からLCCを利用する手段があります。岡山~関空間を鉄道で移動するとして、航空券が最安値のチケットが取れたと仮定すれば、12370円で移動することができます。神戸のスカイマークと比べて、こちらのほうが値段は安定しているので、オフシーズンであれば15000円以下で利用することが可能でしょう。

ジェットスター・ピーチともに値段は同じくらいなので、どちらを利用しても問題ありません。ただし、ピーチの場合は第二ターミナルまで移動する必要があるので、+30分の所要時間を見込んでおく必要があります。

なお、関空までの交通手段は高速バスにすることも可能です。


両備エクスプレス


岡山駅・岡山インター・山陽インター→両備高速バス→関西空港(第1ターミナル)

所要時間;3時間35分 運賃;4.650円


所要時間は長いので、飛行機の時間に遅れないように、うまく予定を組んでおく必要があります。高速バスにすれば、約3000円ほど節約できるので、場合によっては10000円以下に節約することも可能でしょう。

まとめ

安い値段で利用したいのであれば、多少時間がかかっても、関西からスカイマーク、LCCを利用したほうが安いと思います。

沖縄行きの格安航空券を検索する。

スカイマーク スカイマーク

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ