大阪福岡間の交通手段を比較;新幹線・夜行バス・LCC

福岡空港玄関口
ここでは大阪と福岡の移動についていくつかの交通手段を取り上げて比較していきます。

大阪福岡間の山陽新幹線(のぞみ号)


山陽新幹線

JR大阪駅→JR京都線→JR新大阪駅→山陽新幹線→博多駅
合計;自由席14480円
乗車時間;2時間34分

 

価格は高いが、快適で短時間

値段の高さは妥協しなければなりませんが、2時間30分程度で福岡までいけますし、座席もバスや飛行機に比べれば快適です。福岡大阪間は、探せばいろいろあるのですが、格安の手段があっても、移動がしんどいことのが多いので、多少高くても新幹線を選ぶ人は多いでしょう。

また、割引チケットなどでなければ、事前予約など無しで購入できますし値段相応の手段だと思います。ですから、快適性には新幹線に劣る手段はないでしょう。

新幹線の割引

しかし、新幹線でもっと安く移動できる方法はないのか?と考える人は多いと思います。通常価格より大幅に安くなれば良いですよね。

バリ得こだま

一番安くなる割引として、バリ得こだまというプランが発売されています。名前のとおり、こだま号しか乗れませんが、福岡~博多を7500円で移動できるというとてもお得なプランです。
詳しくはこちら

その他の割引切符

このほか、こだま早得切符やエクスプレス予約切符などさまざまな割引制度があります。おおよそ片道1万円程度の値段になる割引が多いです。

割引制度を使用した場合の料金を上げてみますと…。

  • エクスプレス切符;13240円
  • 学割切符;11260円
  • スーパー早得切符:10000円
  • こだま早得切符 ;8500円
  • バリ得こだま   ;7500円

10000円以下の値段で移動がしたければバリ得こだま、こだま早得切符を購入するのが良いでしょう。しかし、これら割引は学割を除くと「21日前までに購入」「会員限定」「往復利用のみ」など少し敷居が高いのが難点です。新幹線を安く使いたい方は、事前に予定を立てておいて、あらかじめチケットを購入するのが良いでしょう。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索

大阪福岡間の夜行バス

大阪福岡の高速バスについてみていきます。高速バスは、以前は日中に走行するバスがあったのですが、廃止になってしまい、福岡へのバスは夜行便のみになってしまいました。

大阪福岡間の高速バス(夜行バス)


夜行バス

大阪梅田→ムーンライト号(天神BC行き)
→博多バスターミナル
合計;8.800円~10.290円 

 

運賃はA~D運賃というものがあり、曜日や時期によって変動します。一番安い値段では8800円で移動することができます。この夜行バスは、夜の9時頃に大阪を出て朝の7時頃に福岡に到着します。(逆も同じ。)また、3列独立シートを利用しており、大阪以外にも京都や宝塚、神戸、北九州にも停車します。

ですから、1晩をはさんでの利用であれば、宿泊代を浮かせることができるのでコストパフォーマンス的には良いと思います。また、大阪以外の場所から利用しやすいのもメリットだと思います。午前中から福岡で用がある、もしくは観光したいという人にも良いと思います。

高速道路高速バス料金・割引を調べる。

大阪福岡間の格安航空

こLCCが登場してからは、1万円以下で飛行機に乗ることが可能になりました。ここではLCCに限定して見ていこうと思います。

飛行機(ジェットスター)


ジェットスター

・大阪駅→関西空港息快速→関西空港 
             1120円 乗車時間;1時間1分
・関西国際空港→ジェットスター→福岡空港 
             4490円 乗車時間;1時間20分
・福岡空港→福岡市営地下鉄→博多駅 
              250円 乗車時間;6分
合計 運賃;5860円~ 移動時間;約2時間30分


(格安航空ピーチ)


格安航空ピーチ

・大阪駅→関西空港息快速→関西空港 
             1120円 乗車時間;1時間1分
・関西国際空港→ピーチー→福岡空港 
             3990円 乗車時間;1時間20分
・福岡空港→福岡市営地下鉄→博多駅 
              250円 乗車時間;6分
合計 運賃;5360円~  移動時間;約2時間30分



*オプション料金や、手荷物追加料金は含まれていません。

ピーチとジェットスターを調べてみました。飛行機の価格は、最安値の料金を示したものです。1万円はおろか、5千程度で移動できるというのが凄いですね。

ただし、オプション料金や機内手荷物料金を加算すると、多少高くなります。それでも、6000円~7000円程度でしょう。価格の安さが最大のメリットです。上記のように格安航空会社が2便飛ばしているため、とても使いやすいです。値段に大きな差はないので、自分の好みの方を利用するのが良いでしょう。

格安航空券を検索する。

伊丹空港発福岡行きの飛行機

伊丹空港発の飛行機

plane_a02

・大阪梅田→(バス)伊丹空港線→大阪国際空港 620円 25分

・伊丹国際空港→JAL・ANA→福岡空港 9.100円~ 1時間15分

・福岡空港→福岡市営地下鉄→博多駅   250円 6分

移動時間;1時間46分 運賃;9.970円~


関西空港発の飛行機

plane_a02

・大阪駅→関西空港息快速→関西空港  1.120円 1時間1分

・関西空港→ANA→福岡空港 9.200円~ 1時間10分

・福岡空港→福岡市営地下鉄→博多駅 250円 6分

移動時間;約2時間17分 運賃;10.570円 


格安航空券を利用する場合、伊丹空港発以外にも関空発の飛行機も利用できます。格安航空券では、一番安いものでは9000円台から利用でき、片道約10000円で移動ができます。比較すると、関空経由の方が高く、移動時間もかかります。関空でANAを利用するメリットは、乗り継ぎを除けばあまりないでしょう。そのため、関空の場合はLCCの利用にほぼ限定されます。

伊丹経由の場合は1万円を切るケースもあり、移動時間は2時間以内におさまります。特に空港と大阪市内の移動時間が短縮されるので、その効果が大きいのでしょう。

関空のLCCとの比較

価格では、ジェットスターやピーチにはかないません。よって格安航空券のメリットは移動時間が短い、空港と市内への移動が短いという点があるでしょう。また、住んでいる場所が伊丹空港近くで、関空への移動に時間がかかるのであれば、関空のLCCよりも伊丹空港から利用したほうが良いケースもあるでしょう。つまり、移動時間において有利ということになります。

大阪福岡間の航空券を検索する。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ