大阪~広島県の移動手段【高速バス、新幹線】

広島市内
大阪から、広島への移動について考えていきます。ここではおもに新幹線が走る地域を中心に、移動手段についてみていきましょう。

広島市への移動

新幹線

山陽新幹線のぞみ号


大阪駅→JR東海道本線→新大阪駅
新大阪駅→JR山陽新幹線のぞみ号→広島駅    
所要時間;1時間33分 費用;9.710円


大阪から広島までは、東京と仙台、東京と名古屋と同じくらいの距離があります。これくらいの距離だと、新幹線でも2時間以内で行くことが可能でしょう。ちなみに格安切符であるこだま指定席きっぷを使うと、片道の値段が安くなります。こだま指定席切符の値段は往復で12.800円ですが、片道にすると6.400円、3.000円ほど安くなります。

山陽新幹線のチケットを検索する。
山陽新幹線インターネット切符予約

高速バス

山陽道昼特急


大阪駅バスターミナル・なんばOCAT→山陽道昼特急→広島バスセンター 
            4.500円~5.000円 4時間52分
*京都駅の場合は、5.000円~5.500円。 6時間20分


山陽道昼特急は、大阪以外にも京都からも出ています。関西側は、ユニバーサルスタジオ、大阪駅、なんばOCAT,京都駅の44に止まります。広島側は、不動院、中筋駅、広島バスセンター、広島駅に止まります。広島市北部に用がある人や、不動院、広島城へ行く際は乗り換えの必要がないので、便利ですね。

また、広島バスセンターからは歩いて、原爆ドームに行けます。もちろん、宮島へ行く場合も、広電の駅がすぐ近くにあるので便利です。時間はかかりますけど、使い勝手は悪くありません。

広島行きの高速バスを調べる。

福山・尾道・三原への移動

大阪から福山市、三原市、尾道市などへのアクセスについて考えていきます。福山市は県庁所在地ではないですが、それなりに大きい町ですし尾道やしまなみ街道へ観光する目的で移動する人も多いでしょう。

新幹線

山陽新幹線


大阪駅→JR東海道線→新大阪駅
        →JR山陽新幹線→福山駅
所要時間;1時間20分  費用;7.140円


福山、尾道、三原いずれも新幹線の駅があるので、新幹線だけで行くことが可能です。ただし、福山以外は「こだま」しか止まらないので、(のぞみで行くと考えると)福山で乗り換える必要があります。

所要時間を見ると、大阪からはわずか1時間30分足らずでいくことができます。さすが、新幹線は速いですね。値段も7000円ちょっとで高くないです。

こだま号指定席切符を利用する場合は以下のようになります。


降車駅 こだま指定席切符 通常運賃(自由席)
福山 9.260(4.630)円 7.340円
新尾道 10.290(5.145)円 7.770円
三原 10.800(5.400)円 8.090円

価格は通常運賃より1000円~3000円ほど安くなります。

山陽新幹線のチケットを検索する。
山陽新幹線インターネット切符予約

高速バス

びんごライナー


大阪駅・なんばOCAT→びんごライナー→福山駅・府中・尾道
所要時間;3時間50分 
費用;3.700円~3.800円


直通バスが大阪駅、なんばOCATから出ています。このバスは福山発着がメインですが、尾道や府中に行くバスもあります。なので、乗り換えなしでそちら方面まで行くのには便利です。値段は、福山までは3700円。尾道や府中まで行っても3800円程度です。なかなか良いですね。

所要時間は新幹線と比べると圧倒的に長いです。4時間もバスに乗るので、ちょっと大変です。また、ダイヤに関しては、便数は多くありません。1便を逃すと、1時間以上の空きがあります。尾道や府中発はさらに少なくなるので、使い勝手が良くないです。バスを利用する際はダイヤに注意が必要ですね。
福山行きの高速バスを調べる。

大阪~広島は東京仙台や、東京名古屋と特徴が良く似ています。傾向としては一般的な傾向で、値段優先ならバス、時間優先なら新幹線にするのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ