大阪~九州の移動【山陽・九州新幹線を使った移動の考察】

九州新幹線車両

大阪から九州の主要都市へ行く場合、新幹線を利用する手段があります。値段、所要時間はどれくらいなのか?ここでは九州新幹線沿線、及び長崎、大分へ移動するケースについてみていきます。なお、宮崎は新幹線の利用はあまりにも不便すぎるので外しました。

熊本・鹿児島

九州新幹線さくら号

新大阪駅→山陽・九州新幹線さくら号→熊本駅 
所要時間;3時間15分 18.020円

新大阪駅→山陽・九州新幹線さくら号→鹿児島中央駅 

所要時間;約4時間 21.380円


佐賀

九州新幹線さくら号

新大阪駅→山陽・九州新幹線さくら号→新鳥栖駅  2時間50分

新鳥栖駅→JR特急みどり号→佐賀駅 13分

所要時間;3時間15分 15.990円


長崎

九州新幹線さくら号

新大阪駅→山陽・九州新幹線さくら号→博多駅 2時間35分

新鳥栖駅→JR特急かもめ号→長崎駅 1時間55分

所要時間;4時間30分 17.270円


大分

九州新幹線さくら号

新大阪駅→山陽・九州新幹線のぞみ号→小倉駅 2時間13分

小倉駅→特急ソニック号→大分駅 1時間26分

所要時間;3時間40分 16.460円


どの主要都市へも3時間15分~4時間30分で移動することができます。料金は15000円~22000円。正直、この値段で、これだけの所要時間をかけるのはコストパフォーマンス的にはよくありません。飛行機を使えば、2時間程度で移動ができ、場合によっては安くなるわけですから、節約手段としては論外になります。

それでも、熊本や長崎、佐賀、大分は4時間圏内に入るため、所要時間の面では高速バス(夜行バス)と比べて有利です。特に熊本、鹿児島に関しては乗り換えが全くないため、移動に関しては非常に楽です。佐賀に関しても、新鳥栖~佐賀間はたいして離れていないので、不便ではないです。

これら都市意外にも、久留米市、八代市、薩摩川内市など九州新幹線の沿線都市へは乗り換えなしで移動ができるためとても便利です。
移動時間の早い飛行機は必ずどこかで乗り換えが必要になるため、移動時間こそ短いものの大変です。鹿児島、熊本などの主要都市以外の小中規模の都市へも乗り換えなしで行けることを考えると、新幹線の需要も決して低くはないでしょう。

九州新幹線の割引切符を使って移動する方法

九州新幹線直通運転
新幹線には、各種割引切符や早割切符などがあります。それらを利用するともっと安く九州へ移動できます。

大阪往復切符

・大阪→JR東海・山陽・九州新幹線およびJR特急
             →長崎/佐賀/佐世保/大分別府/延岡宮崎都城
価格;27.150~28.390円(往復の値段) 
*京都、神戸からの切符もあり。

JR九州が販売している往復で利用できる割引切符です。JR九州の旅行支店、駅で購入が可能で特に厳しい制約はありません。片道の価格では13.575~14.195円となるので、普通の切符と比べて1割~3割ほど安くなります。ただし、利用区間は上記の区間に限られ、熊本や鹿児島方面への利用はできません。

スーパー早得切符

・新大阪・新神戸→山陽・九州新幹線および在来線特急
             →小倉・博多・熊本・鹿児島中央・長崎・大分

価格;10.290~14.400円(片道の値段)

インターネット限定で予約できる早割切符です。JR西日本が販売している切符で、小倉・博多方面へも利用できるほか、岡山、広島からの切符も購入できます。最低でも利用日の2週間前に購入する必要があり、指定席のみ利用可能な切符です。利用区間は上記のように大阪往復切符で利用できない区間をカバーしています。こちらも通常価格に比べて1割~3割ほど安くなります。

Web3(早得切符)

・新大阪および新神戸→JR山陽・九州新幹線(のぞみ・みずほ)→熊本・鹿児島中央駅
*指定席のみ利用可能。ひかり・こだまなどは不可。


価格;16.000円(熊本)
   19.000円(鹿児島中央)

3日前に購入することで安くなる割引切符です。上記2つの割引切符と比べると割引率は高くありませんが、通常価格に比べて約2000~3000円程度安く利用することができます。なお、この割引を利用する場合はJ-NETで会員になる必要があります。

この切符はe5489のサービスの1つです。e5489はJR西日本のサービスで早割切符が購入できたり、チケットレスで電車を利用できます。e5489を利用することで、上記の九州新幹線以外にも、山陽新幹線やその他JR西日本の特急が便利に安く利用できるので、新幹線を利用する際はこれを利用しない手はないでしょう。

まとめ

九州方面の割引切符としては以上のようなものがあります。このほか、山陽新幹線のバリ得こだまを利用して福岡・北九州まで移動して、そこから特急や高速バスに乗り継ぐ方法もあります。

割引切符を利用すれば、最低でも片道2万円以下に抑えることが出来るので、自分の予定に合わせてうまく利用すると良いでしょう。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索 新幹線ネット予約 新幹線ネット予約

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ