大阪から大分への移動【夜行バス、フェリー、飛行機】

大分市

大阪と大分の移動手段についてみていきます。両都市間は飛行機・フェリー・夜行バスの3つの手段があります。新幹線の場合は、小倉で特急に乗り換え、移動する手段がありますが、値段が非常に高いのでここでは省きます。どの手段が一番コストパフォーマンスになるのか?見ていきましょう。

夜行バス

深夜バス

21:45/22:05                                8:32(大分着)
・大阪駅・なんば(OCATビル)・大阪駅→夜行バス(SORIN号)→中津・別府・大分

運賃;8700円・9300円
*京都、神戸からも乗車が可能。


夜行バスは、SORIN号というバスが出ています。京都、神戸からも乗車でき、これを利用すると翌日の朝につくことができます。運賃は9000円程度で、移動手段の中では一番格安です。高速バスで宿泊もできますからね。中津へは8700円。別府・大分へは9300円になります。

飛行機(格安航空券)

格安航空券

・大阪駅→大阪空港バス→伊丹国際空港 
                    620円     30分

・伊丹国際空港→JAL・ANA・IBEX→大分空港 12.500円~ 1時間

・大分空港→大分空港バス→別府駅・大分駅 1500円~1550円 53分
所要時間;2時間23分 運賃;14670円~


飛行機は、LCCが就航していないため少し割高です。格安航空券でも最安値で12000円台からあるので、安くて15000円、平均20000円くらいにはなるでしょう。あまり安い手段ではありませんが、その日のうちに到着したいのであれば、飛行機および新幹線と特急での移動になります。

もっとも、大阪~宮崎、熊本、鹿児島間でジェットスターとピーチが運行されているので、将来、大阪~大分間に就航する可能性は十分あると思います。

大阪と大分・別府間の移動にフェリーを利用した移動手段があります。フェリーの場合、「さんふらわあ」を利用しますが、2つのルートがあるので、それぞれ見ていきます。

フェリーさんふらあ(別府行)

フェリーさんふらあ

大阪駅(西梅田)→地下鉄四ツ橋線→住之江公園→市営ニュートラム→フェリーターミナル     320円 40分

19:05/19:55発         6:55/7:45着
・大阪南港→フェリーさんふらあ→別府港     10400円(ツーリスト)

・別府国際観光港→路線バス(大分交通)→別府駅 170円 12分

合計;11040円~ 


フェリーさんふらあ(大分行)

フェリーさんふらあ

大阪駅→JR神戸線→住吉駅 27分 390円

住吉駅→神戸港フェリー連絡バス→六甲アイランドフェリー乗り場 230円

19:00/19:50発                  6:20/7:20着
・神戸六甲アイランド港→フェリーさんふらあ→大分港 10400円(ツーリスト)

・大分港(王子港町)→大分交通→大分駅 160円 20分
合計;11180円~ 


フェリーは、大阪南港から別府へ至る路線、神戸六甲アイランドから大分へ至る路線の2つがあります。どちらも最安値である2等で乗船すれば、鉄道運賃も含めて11000円で移動できます。この値段は宿泊費込の値段です。かつては、大阪南港から大分行のフェリーも出ていたのですが、現在ではこのように2つにわけられてしまいました。

そのため、大分へ移動する場合は神戸、別府へ移動する場合は大阪へ行く必要があります。それが少し面倒であり、デメリットでもあります。もっとも、別府から大分、大分から別府へも鉄道、路線バスで移動できるので行先にこだわる必要はないかもしれません。

他の交通機関との比較

新幹線は18000円程度、格安航空券が15000円~なので比較すれば、圧倒的にフェリーのほうが安くて便利でしょう。競合するのは夜行バスでこちらは1万円以下、かつ宿泊費込なので値段重視であれば高速バスの方の方が良いでしょう。

大分行きの高速バスを調べる。
大分空港行きの格安航空券を検索する。
フェリーの航路や料金を検索する。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ