大阪鳥取・米子方面への交通手段

鳥取砂丘
鳥取は関西からは比較的近距離にありますが、新幹線がないことや山間部を通って山陰地方へいくため、それなりに時間がかかります。鳥取へは、高速バスとJR特急の2つの手段があるので見ていきます。なお、鳥取市、米子市双方への交通手段を見ていきます。

鳥取市への交通手段

JR特急

スーパーはくと

大阪駅→JRスーパーはくと→鳥取駅
所要時間;2時間27分 
料金;6290円


鳥取の場合は、特急が大阪から出ているので、岡山まで行く必要はないです。また、特急スーパーはくとは、始発は京都駅で、神戸まで東海道本線、姫路までは山陽本線を走るので京都、新大阪、三ノ宮、明石、姫路から乗り降りが可能です。さらに、はくとは、倉吉が終点ですので、倉吉方面へ行く場合も便利です。

この列車は、姫路⇔大阪、神戸⇔京都といった関西圏内のみの移動もできます。値段は多少上がりますが、「はくと」はすいているので、沿線の快速電車の混雑回避に有効です。所要時間は2時間30分ですが、料金は6200円とやや高いです。高速バスと比較するとどうでしょうか?

高速バス

日本交通バス

大阪梅田・なんばOCAT、三ノ宮BC→日本交通バス→鳥取駅
所要時間;2時間53分 
料金;3600円


料金、所要時間は大阪梅田⇔鳥取駅間です。区間が複数ありますが、2300円~3600円の範囲で利用が可能です。高速バスは、料金が3600円と鉄道に比べて圧倒的に安いです。所要時間も30分くらいしか変わらないので、値段重視で行くなら断然こちらですね。便数も多いので、時間の融通が利きます。

大阪・神戸近郊からも利用可能

高速バスは、なんば発、三ノ宮経由便と梅田発の便に分かれています。関西圏ではカバー範囲が広く、このほか、弁天町、西宮北IC、宝塚IC、千里桃山台、伊丹空港などから利用できます。便によって停まるバス停が違うので、詳しいことは時刻表を参考にするとよいでしょう。

米子方面への交通手段

米子は、鳥取県の西側にある街です。松江市とさほど離れていないため、鳥取よりも、島根県側との結び付きが強いです。ここでも鉄道で行くのとバスで行くのと2つのルートがあります。どんな感じなのか?見ていきましょう。

鉄道

特急やくも

大阪駅→JR東海道線→新大阪駅→JR山陽新幹線→岡山駅
岡山駅→特急やくも→米子駅
所要時間;約3時間 
料金;8920円


米子の場合は、距離があるので岡山駅まで新幹線で行く必要があります。岡山まで新幹線、岡山からは特急やくもを使います。料金は9000円、所要時間は3時間程度です。

なお、米子へはスーパーはくとで倉吉まで行き、倉吉から在来線を使うルートもあります。こちらは若干安くなりますが、、料金は8000円 所要時間は4時間です。大して安くならない上、1時間余分にかかるので、あまりお勧めしません。素直に、新幹線で行った方が良いです。

バス

日本交通バス

大阪梅田→日交大阪米子線→米子駅
所要時間;3時間35分 
  料金;4700円


鳥取行きのバスと同じ会社が運行しています。鉄道と比較すれば、料金は圧倒的に安く鉄道のほぼ半分の料金です。所要時間は鉄道より30分程度遅くなりますが、極端に差があるわけではありません。

バスは、鳥取行き同様、神戸経由のバス西宮、宝塚、伊丹空港、千里桃山台に停車するバスがあります。系統によって違うので、詳しくはこちらを確認してください。もちろん、USJ、なんばOCAT停車のバスもあります。

まとめ

値段で見ると、圧倒的にバスの方が優位なのですが、バスは大阪、神戸近郊からの利用に限定されます。

鳥取方面はJRは、京都、明石、姫路に止まるので鉄道沿線から利用しやすいです。また、新大阪にも止まるので、関西圏以外から乗り換えで利用する人にとってはとても利用しやすいです。米子方面へは新幹線を利用する必要があるため、若干割高になりますが、京都、明石、姫路方面から利用しやすいのは共通しています。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索

大阪鳥取間の高速バスを調べる。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ