レンタカーをガソリン満タンで返却する時に気をつけること

レンタカーガソリン満タン

レンタカーを返却する際、必ずガソリンを満タンにして返します。満タンにしないと、何キロ走ったか?を見て距離に応じた料金が加算されます。おおよそ、満タンにして返却したほうが、料金は安くなるので
ほとんどの人は、満タンにするでしょう。なので、レンタカー屋近くのスタンドで給油することになると思います。

満タンにしたいけど、スタンドが見つからない。

しかし、見知らぬ土地の場合、どこにスタンドがあるのか?というのがわかりません。途中で見つかれば、そこで入れれば良いですが、見つからないと探しに行かないといけません。これが、負担になることが多く、スタンドが見つかるまで、走り回らなければならないので大変です。

返却時間がせまっていたり、見つからないからと焦り、運転も乱暴になり事故の元になります。

都会だからあるとは限らない。

レンタカーの返却場所は、ほとんどの場合、街の中ですが・・・街中だから探せばあるだろうと思うと痛い目に会います。場所によっては、ないところもあるからです。また、あったとしても、渋滞や踏切、信号待ちなど意外とロスになることが多いので、短距離でも時間がかかります。

ナビはあてにならない?

ナビでスタンドを探すことができますが、ナビはけっこういい加減です。情報が古いため、スタンド付近まで来たら、スタンドがなかったり、ナビに「地図を確認して走行してください」などと言われたことがあります。

なので、そういったことがないよう、どこで入れるか?どこにスタンドがあるか?などを把握しておく必要があります。
ガソリンスタンド
↑ICを降りてすぐスタンドがあれば良いが・・・。

レンタカー屋でスタンドの情報を。

おおよそ、事前にどこにスタンドがあるのか?を教えてくれるところが多いです。教えてくれないところもありますが、聞けば地元の人なので、教えてくれると思います。

事前に調べておく

ナビでもネットでもいいですが、事前にどこにあるのかを把握しておけば探すのに困らないです。ただし、情報が古い、いい加減なこともあるので複数調べておく必要があります。

高速道路のSAで給油する。

サービスエリアから返却場所まで、それほど距離が離れていなければSAで給油するのも手です。リッターあたりの値段は少し高いですが、道に迷うことは絶対にありませんし、過疎地でなければ、SAにスタンドがないということもありませんからね。

もっとも満タンにせず、距離精算でしてしまった方が安くなることもあるようです。そちらの方が安くなるのであれば、スタンドで給油など考えず、そのまま返却してまっても良いと思います。

このほか、ニッポンレンタカーやスカイレンタカーではガソリン満タン不要のプランもあります。そういったプランのあるレンタカーを利用するのも1つの方法でしょう。

ガソリン代込キャンペーン実施中!

スカイレンタカーのガソリン満タン不要プラン
スカイレンタカーのガソリン満タン不要プラン

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ