レンタカー;乗り捨てや時間の変更は可能か?

レンタカーの返却・乗り捨て変更・延長

レンタカーは、あらかじめ借りる時間と、返却する時間、借りる店舗から返す店舗まで、事前に決めて予約を入れないといけません。

ですから、行き当たりばったりでレンタカーを借りたり返却場所を決めたりすることはできません。レンタルについては、予約なしで借りれることもありますが、借りることができても、いろいろと融通が効かないことが多いです。旅行やドライブにしても、あらかじめ予定を立ててからレンタカーを借りないといけません。

しかし、旅行中に気分が変わって時間を延長したり、乗り捨て場所を変えたいということはあるはずです。そういったことが可能なのか?もしくは可能でも気軽にできることなのか?料金が余分にかかるのか?といったことを考えていきたいと思います。

乗り捨て場所や、時間変更は気軽にできるか?

結論から言うと、可能です。しかし、レンタカーはほかの人も使いますので、次に使う人の予定次第ではできないこともあります。極端な変更でなければできないことはありません。お客の都合に合わせてくれることが多いです。

私は3時間延長、1日延長、乗り捨て場所の変更をよくやってますが、「無理です」と言われたことはないです。あまり、頻繁に変更したり返却時間ギリギリで変更するのはよくないですが、少なくとも事前にしっかり変更を伝えておけば問題ないですね。

料金はかかるのか?

基本的に手数料等はかかりませんですが、変更した際、その乗り捨て場所までの乗り捨て料金、延長した分の料金はかかります。

乗り捨てについては、場所によっては安くなることもありますし、高くなることもあります。例えば、他県で返す予定を同県で返す予定にすれば、その分の乗り捨て料はなくなります。気分が変わって、もう少し時間を延長したいとか乗り捨て場所を変えたいといったことは、事前に変更したいことを伝えれば、おおむね変更することはできます。ただし、利用客の多い時期は予約も多いので、変更は難しいかもしれません。

料金が安くなった場合の返金
延長などで値段が高くなった場合は、返却後に追加分を払う必要があります。一方で、返却時間や乗り捨て場所を変更して値段が安くなった場合は、返金してもらうことが可能です。ただし、こちらから言わないと基本的に返金はしてくれません。

以上まとめると、変更は基本的には可能ということです。なお、レンタカー会社によっても違いはあると思いますが、私がよく利用するトヨタやタイムズレンタカーは寛容で、事前連絡さえしていれば簡単に変更してもらえます。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ