レンタカーの保険;保証制度の基礎知識と注意すべきこと

レンタカーの保険基礎知識
ここではレンタカーの保険について、特に知っておいたほうが良い部分について、書いていこうと思います。

保険のカバーする範囲

まず、どのような時に保険がカバーしてくれるのか?というと、基本的に自分の乗っている車の保険と同じと考えてもらって良いです。交通事故においては、こちらに過失がある、もしくは故意に事故を起こしていない限りは問題ありません。具体的に言うと、わざと相手に追突したとか、信号無視して事故を起こしたとか、飲酒して事故を起こしたというようなケースを除けば、保険は適用されるということです。

ただし、レンタカー独特のケースとして、レンタル時間を延長せずレンタル時間外に事故を起こした場合は保険が適用されません。そのため時間内に返却できない場合は、電話で事前に延長することを伝えておく必要があります。

なお、レンタカーの保険は、レンタルすれば自動加入ですので無保険でレンタルするということはありません。その点は安心して良いのですが、もう1つ 任意加入の免責補償制度というものがあります。

免責補償制度とは?

1日当たりおよそ1050円払うことで、保険の中の自己負担金が免除されるものです。自己負担金というのは例えば、トヨタの場合ですと・・・。対物保証の場合、自己負担額5万円、車両補償の場合、自己負担額5万円 ただしバス・大型貨物車は10万円となっています。

そもそも自己負担金とはなにかというと、事故などをおこした時に、「最低限これだけは払ってくださいよ」という料金です。なので、レンタルするときは、最低でも自己負担額を払えるお金を持っていないといけません。しかし、免責補償に加入することで、この自己負担金を払わなくてもよくなります。ノンオペレーションチャージは支払わなければならないので、負担金が0になることはありませんが、事故時の負担が多少軽くなります。ノンオペレーションチャージというのは、車の修繕期間中の営業補償代金です。車が使えない間の損失分をいくらか払ってくださいという制度です。これはどこのレンタカーでも2万円~5万円に設定されています。

1日1050円でたいした値段ではないので、万が一のことを考えれば入っておいて損はないです。

安心保証制度

一部の大手レンタカーでは、これら保険にプラスして、さらに安心保証制度という制度もあります。

これは保険でカバーされる範囲以外にも、故障時のレッカー移動や、車のパンクやバッテリー上がりなどにおける対処、もしくはそこに付随する料金が0円になるといったものです。さらに、ノンオペレーションチャージの支払いが不要になる保証もあります。これらは免責補償代金にプラス余分に払う必要がありますが、1日プラス300円くらいが相場でそれほど高い価格ではありません。。保証範囲を広げてくれるため、事故や故障が不安な方はぜひ利用すべで規制度でしょう。安心保証制度は大手ではタイムズレンタカーニッポンレンタカーなどが行っています。

対物・対人補償の無制限とそうでない保険には注意

レンタカーの保険で注意する点が1つあります。それは、対物・対人補償の保障額です。

対物・対人が無制限となっている保険は、保障額に限度はありませんが、例えば、対物が2000万となっている場合は、2000万円までしか補償されません。これは非常に重要です。

もし1億円払えと言われたら、残り8000万円が保険で降りないので、その分が自己負担ということになります。そんなことあるの?と思いますが、踏切で立ち往生し、電車の運行に支障が出て営業の損害を請求されたり、外国の高級車と事故を起こして高額な修理費が請求されたりと、充分ありうることなので、無制限でない保険は入るべきではないです。

レンタカー会社によっては、対人は無制限でも対物が無制限でないところがあります。そういったレンタカーの利用は避けるべきです。対人が無制限でないところなんて論外です。

保険制度の充実したレンタカーを検索

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ