レンタカーを安く利用;キャンペーンを利用した節約方法

レンタカーキャンペーン
各レンタル会社ではキャンペーンをやっていることが多く、キャンペーンを利用することで通常料金よりさらに安い料金でレンタカーを利用することが可能です。

キャンペーンは様々なものがありますが、例として料金が30%割引されるものや、免責免除の費用込みで割引ができるもの、ガソリン満タン不要キャンペーン他、早割キャンペーン、短時間利用の割引、週末利用の割引、ETCカード無料貸し出しキャンペーンなどを行っています。

ここで、具体例としてタイムズレンタカーのキャンペーン利用とそうでない場合の料金について比較してみていきましょう。

免責込みで30%割引されるキャンペーンを3日(72時間)、コンパクトカー申し込んだ場合…。

3日間の料金(免責込み) 14.364円+3.000円(安心補償プラン)= 17.364円

通常プランで申仕込んだ場合…。

3日間の料金(免責なし) 20.520円+6.000円(安心補償+免責込み)=26.520円

キャンペーンを通して申し込んだ場合と、そうでない場合とでは9.156円も料金が違います。1日当たりに直すとキャンペーンで申し込んだ場合、約5.800円になります。キャンペーンを利用することでレンタカーの料金を大きく節約することが可能です。上記はタイムズレンタカーの例ですが、ニッポンレンタカーやトヨタレンタカー、スカイレンタカーなどでも多くのキャンペーンがあり、利用することで料金が安くなります。

キャンペーン利用のメリット・デメリット

キャンペーンを利用してレンタカーを利用することのメリットは、何といっても料金が安くなることでしょう。どのレンタカーでも20%~30%の割引キャンペーンがあるので、割引率はとても多い大きいです。キャンペーンの種類によっては料金が安くならないケースがありますが、ガソリン満タン不要であればガソリン代がかかりませんし、ETCカード貸出であれば、ETCカード利用で、高速道路料金の割引にも貢献します。前日の夕方以降無料プランなどもあり、通常に比べて安くなるのは間違いないです。

デメリット

キャンペーンのデメリットですが、通常の予約に比べて融通が利きにくいという点があります。もっとも、予約の変更やキャンセルは可能なので、バスや鉄道のチケットに比べるとその敷居は低いです。

特徴として…。

キャンペーン期間外は利用できない。

キャンペーン期間外を挟む場合、キャンペーンでレンタカーを利用することができなくなります。

乗り捨てができなくなる。

キャンペーンによっては借りた場所で返す以外の選択肢ができないことがあります。

事前予約が必要なケースもある。

早割プランはかなり前から予約をする必要があります。

車の車種が指定できない。

自分の乗りたい車に乗るということができないケースが多いです。なお、年式や距離については、キャンペーンで安くしたから、古い車のみにしか当てられないか?というと、それはあまり関係ないみたいです。新車に乗れることもありましたから。

レンタル場所が限定される。

例えば、山形限定プランとなると山形県内のみでしか利用できません。または、~店のみしか利用できないというケースもあります。

デメリットはあるものの、キャンペーンは利用すべき

キャンペーンを利用する上でいくつか制約はあるものの、鉄道やバスのチケット比べると、その制約は緩いです。そのため、比較的気軽に利用できるものが多いため、料金を安くしたいならキャンペーンを利用しない手はないと思います。

地域キャンペーン実施中!

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ