JRの往復割引の基礎知識

0049
JRでは、往復割引があります。行き帰り両方を利用した場合のみ適用される割引で主に新幹線で利用されます。ここでは往復割引について基本的なことを書いていきます。

往復割引は、片道601Km以上利用する場合に適用される割引です。JRには、乗車券と特急券がありますが、割引されるのは、乗車券の行き帰り合わせた料金の1割です。特急券は割引されません。具体例を出してみましょう。


700kei

東京~岡山間を往復
往復で乗車券20380円+特急券11320円 計31700円ですが
割引で乗車券 18340円となり 計29660円になります。

 

通常と比べて2040円安くなります。
私は、はじめ合計金額を割引して計算してましたが、それは違いますので気をつけましょう。600kmを超えれば勝手に割引料金になるので、電卓でチマチマ打って計算をする必要はないでしょう。

なお、往復割引切符の有効期限ですが、以下のようになっています。

片道の距離 601~800km 801~1000km

有効期限

10日

12日

当日中に往復しないといけないわけではありません。東京から実家に帰省して、7日間過ごして、東京に帰るといった時にも往復割引は有効です。




往復割引のちょっと賢い使い方

往復割引は、600kmを超えないと割引が使えません。そのため、距離が580kmとか596kmになると、割引が効きません。600kmちょうども駄目です。

しかし、601kmまで後少しという距離ならあえて601km以上になる駅までの切符を購入して往復割引を適用したほうが、安くなります

例えば東京駅から神戸駅までJR在来線で往復したとしましょう。


700kei

東京駅~神戸駅 JR東海道本線
往復乗車券 18060円 距離;590km

 

あと10km足りないので、例えば明石駅まで追加します。なお、明石まで乗る必要はなく、神戸で降りても切符は有効です。


700kei

東京駅~明石駅 JR東海道本線+山陽本線
往復乗車券 16830円 距離;608km

 

1230円安くなります。
もちろん、新幹線でも適用が可能です。新幹線の場合は、明石駅でなく、西明石駅になります。

うまく使えばご飯代くらいは節約できます。駅員の人に切符を買うときにいえば調べてくれることもあるので、使えるときはうまく利用してみましょう。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索 新幹線ネット予約 新幹線ネット予約

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ