新幹線の運行形態(東京~東北・上越・北陸地域)

北陸新幹線

新幹線の運行形態は、主にJR東日本、JR東海と西日本、九州とで違います。

もっといえば、東京~鹿児島中央間と、東京~新函館北斗間、東京~新潟、東京~金沢間とでは違うということです。ここではJR東日本が運行する路線、東北・上越・北海道・北陸新幹線の運行形態について書いていきます。

東北・上越・長野行新幹線の運行タイプはいたって単純

JR東日本の管理する新幹線はいたって単純な運行形態になっており、名称によってそれぞれどの地域に行くのかがはっきりしています。

自分の行きたい場所と、名称を照合させれば、目的地に着けるので単純です。

  • なすの

北関東・福島南部、主に北関東東京間の輸送が中心の新幹線です。

  • やまびこ

首都圏から、東北地方、郡山~盛岡間、仙台への輸送がメインの新幹線です。

  • はやて・はやぶさ

首都圏から、函館、青森、八戸方面への輸送がメインの新幹線です。

  • つばさ

首都圏から、山形、新庄方面の輸送がメインの新幹線です。

  • こまち

首都圏から、秋田方面への輸送がメインの新幹線です。

  • たにがわ

首都圏から越語湯沢まで。主に北関東、越後湯沢への観光客をメインとした新幹線です。

  • とき

首都圏から新潟への輸送がメインの新幹線です。
あさま首都圏から長野への移動がメインの新幹線です。

東京~鹿児島中央間との違い

東海道・山陽・九州新幹線と違うのは、速達型列車が存在しない点です。とはいえ、はやて、はやぶさ、こまちなどが仙台駅、盛岡駅にしか停まらないことから速達型の役割も担ってはいます。

東海道・山陽・九州新幹線の例で考えれば、たとえば、新大阪~広島であっても九州方面輸送型の列車である「みずほ」「さくら」が利用できます。静岡~岡山を移動する際、岡山輸送型の「ひかり」(静岡に停まる)よりも名古屋まで、「こだま」で、岡山で「のぞみ」という、速達型優先的な利用が一般的です。

しかし、東北・上越新幹線は、たとえば仙台まで「はやて」、仙台から古川まで「やまびこ」のような利用は多くないですし、多くの人は「やまびこ」1本で移動します。速達型が存在しない、そもそも「はやて」が指定席しかないことが要因ですし、さらに、「やまびこ」が比較的使いやすいからでもあります。
「やまびこ」は、東京、上野、大宮と停車して、あとは宇都宮、郡山、福島、仙台の4駅に停まるだけで速いです。山形までの「つばさ」であっても、大宮以北は、宇都宮、郡山、福島の3駅だけですし「はやて」「はやぶさ」と比較しても、所要時間はそこまで大きく変わりません。

これら見ていくと、JR東日本の運行形態のほうが、単純で使いやすいと思います。

北陸新幹線の運行形態

北陸新幹線は、東京と信越甲信・北陸を結ぶ新幹線です。2015年3月に長野から金沢までが開業し、首都圏から新幹線1本で、北陸地方へ行くことが可能になりました。

北陸新幹線は、JR東日本と、西日本の2つの会社が上越妙高駅を境にそれぞれ管理しています。

では、北陸新幹線は、いったいどのような運行形態になっているのでしょうか?見ていきましょう。

北陸新幹線簡略図(金沢以西は建設中)
北陸新幹線運行パターン
JR東日本の新幹線では、行き先によって名称が異なる形態をとっており他方でJR西日本では、超特急、各駅、中間型タイプの3つにわけて運行しています。そうなると、両者が管理する北陸新幹線は、どのように運行されているのか?気になるところです。実際に見ていくとJR東日本と西日本の管轄で、それぞれ自分たちの運行スタイルをとっているようです。

  • あさま

あさま号は、長野行のみでJR東日本内の路線で完結するので、これまでと同様、長野方面への輸送がメインになります。高崎までの北関東地区は、あまり停車せず、長野県内は各駅というスタイルになっています。これは、「つばさ」や、「やまびこ」のような運行スタイルと同じですね。

  • はくたか

はくたかは、金沢まで運行する新幹線で東海道新幹線の「ひかり」タイプと、「やまびこ」の両方を合わせて持っています。

東京発の「はくたか」は、長野駅までは、主要駅以外あまり停車せず、長野以降は、各駅停車になります。一方で、長野発の「はくたか」もあり、JR西日本内の路線のみを走るタイプでこちらは、東海道新幹線の「こだま」同様、各駅型の列車になっています。

  • かがやき

かがやきは、「のぞみ」タイプの新幹線で、東京から、大宮、長野、富山、金沢にしか止まらない超特急型です。(一部列車は、上野、新高岡にも停車する。)はくたかが、北陸沿線の輸送がメインなのに対し、こちらは完全に長野、富山、金沢の主要駅の移動のみを焦点にあてた新幹線です。

  • つるぎ

こちらは、特殊なタイプなのですが、関西方面からの特急列車「サンダーバード」が金沢で終点になるためその接続列車として、富山まで各駅で運行している列車です。北陸新幹線の金沢開業の暫定措置として設けられている列車だと思われますので敦賀まで延長された際には、廃止になるか、運行形態は変更になるでしょう。

長野まで行きたければ、「あさま」、富山、金沢まで行きたければ「はくたか」「かがやき」というように、行先によって名称が違うのと同時に、さらに各駅タイプを「はくたか」、特急タイプを「かがやき」としているのが北陸新幹線の運行形態です。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索 新幹線ネット予約 新幹線ネット予約

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ