新幹線の運行形態の違い(東京~鹿児島中央間)

東海道・山陽・九州新幹線
新幹線の運行形態は、主にJR東日本、JR東海と西日本、九州とで違います。

もっといえば、東京~鹿児島中央間と、東京~新函館北斗間、東京~新潟、東京~金沢間とでは違うということです。

JR東海、山陽、九州新幹線の運行形態;のぞみ・みずほ号

基本は、各駅停車「こだま」「つばめ」、主要駅のみ停車「のぞみ」「みずほ」、その中間(主要駅に停車一部の駅にも停車)形態の「ひかり」「さくら」の3つの運行形態があります。

のぞみ・みずほは、利用者の多い駅と遠方へ行く人のための電車であり、こだま、つばめは、利用者の少ない駅と近距離を利用する人のための電車です。ひかり、さくらはその中間形態で、両方の特徴を持っている電車でもあります。

のぞみ停車駅

東海道・山陽新幹線停車駅パターン

みずほ停車駅

九州新幹線みずほ停車駅パターン
この2つは、本当に主要の駅しか止まらないため、東京から大阪、東京から岡山、新大阪から鹿児島のような長距離を移動する場合に利用されます。また、中距離移動である岡山から広島、新大阪から名古屋、広島から小倉のような移動でも利用されます。

また、東京から米原、新大阪から新水俣のような超特急が停車しない駅に降りる場合でも、途中の駅、このケースなら、名古屋、熊本までのぞみ、みずほを利用して乗り換えるケースが多いです。

別ページでも述べていますが、様々な移動で利用されるため、利用者が多く混雑していることが多いです。

首都圏・東海・関西地区から、山陽地方への輸送の役割

一方で、のぞみでも一部のローカル駅に停車する電車があり、おもに山陽新新幹線に存在します。これらは、ひかり的な役割を持っている電車でもあります。

のぞみの停車駅その2

東海道・山陽新幹線パターン2

姫路、福山、徳山、新山口にも停まります。東海道新幹線の感じでは、のぞみは大都市にか止まらないという感覚があるのですが、山陽新幹線の「のぞみ」ではそうではなく、大都市以外の中規模の都市にも停車します。これらは遠方、首都圏や東海・関西からほぼノンストップでやってきて、山陽地域の主要都市と中規模都市へ旅客を運ぶ役割を担っています。

つまり、東京から徳山、新大阪から新山口、名古屋から福山といったそういう需要にこたえているわけです。東北新幹線の「こまち」や「つばめ」のような首都圏から各ローカル都市への輸送のような側面を持っているわけですね。

大阪福岡間7000円で乗れるバリ得こだまの詳細はこちら

ひかり、さくら号の運行形態

のぞみや、みずほが超特急、主要駅しか停まらない役割を持っているのに対して、ひかり、さくら号は、その中間の役割と、特定地域への輸送を中心とした運行をしています。

中間的役割

東海道新幹線ひかり号の停車駅パターン

特急列車の役割を担うとともに、のぞみ号が停まらない駅に停車するのがこの役割です。東海道新幹線の例では、小田原、熱海、三島、静岡、浜松、豊橋、米原などに停まる列車が該当します。

山陽新幹線ひかり号停車駅一覧

山陽新幹線では、のぞみが中小規模の都市にも停車するため、中間的役割を持つものは少ないですが、敷いてあげれば、西明石駅や相生駅がひかり号の停車する駅です。「ひかりレールスター」は、この中間的役割を担う新幹線でしたが、九州新幹線の開業で大幅に便が削減されました。

九州新幹線さくら号停車駅一覧

九州新幹線では、基本的に全ての駅にさくら号が停車します。ただし、停車パターンが異なり、熊本行きが博多から熊本までのすべての駅、鹿児島中央駅行きの列車の一部が熊本以南のすべての駅に止まるようなダイヤになっています。なお、山陽新幹線においてはひかり号の停車する駅にさくら号が停車します。

特定地域への輸送を中心とした運行

東北新幹線の「こまち」が秋田、「つばさ」が山形のような特定地域への輸送が中心の列車も存在します。九州新幹線開業以降は、この運行形態がメインになりつつあり、中間的役割を持つひかり号は少なくなってきています。

ひかりにおける特定地域型の種類は以下の種類があります。

名阪間各駅型

首都圏から名古屋まで特急で、名古屋から、新大阪まで各駅停車で止まるタイプ。

兵庫・岡山各駅型

首都圏から新大阪まで特急で、新大阪から岡山で各駅停車で止まるタイプ。静岡駅に停車する。東京から直通で、博多まで行くひかりは存在せず、すべてが岡山終点となります。

関東圏、関西圏各駅型

神奈川県、東京の駅と、名古屋から、新大阪間の駅は停車し、それ以外は通過。
など・・・。

九州輸送型

関西圏、岡山、広島から、博多まで特急で、九州新幹線内では、ほとんどの駅に停車するタイプ。

福岡・熊本輸送型

新下関より先、九州内の新幹線駅にすべて停車し熊本を終点とするタイプの列車。

鹿児島輸送型

関西圏、岡山、広島から熊本まで特急で、それ以南は各駅停車になるタイプ。

があります。

ひかり、さくらの運用の仕方はさまざま

このように見ていくと、タイプがはっきりしている「こだま、つばめ」と、「のぞみ、みずほ」と違い様々なタイプがあるのが「ひかり、さくら」です。

超特急列車よりも使いやすいことがあるでしょう。特に主要都市でない、ローカル駅へ行く場合は、時刻表を見てどれが便利か見ていくと良いと思います。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索 新幹線ネット予約 新幹線ネット予約

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ