★東京~秋田の交通手段の比較

冬の秋田市

東京と秋田市の移動について考えていきます。東京と秋田は約650キロほど距離があります。新幹線が走っているので「こまち号」を利用すれば早く到着できますが、東北新幹線と違い、盛岡→秋田間は在来線を走る区間になっています。そのため、すべてフル規格である新青森までに比べると、距離の割に移動時間がかかります。

これがほかの交通手段との比較でどのような影響を与えるのか?見ていきましょう。

JR東北・秋田新幹線

東北・秋田新幹線こまち号


東京駅→JR東北・秋田新幹線・こまち号→秋田駅 

所要時間;3時間48分~   運賃;18.140円


所要時間は約3時間50分です。盛岡駅までは東北新幹線と同じ路線を走り、盛岡から秋田までは在来線を走ります。盛岡までは速いですが、その先に時間がかかるのが嫌ですね。

お先に得だ値(割引切符を利用した場合)

秋田行きの新幹線チケットを検索する。
東北・秋田新幹線のチケットをネットで予約する。

格安航空券

格安航空券羽田秋田間


・東京駅→山手線→浜松町駅              6分  154円 

・浜松町駅→東京モノレール→羽田空港        20分 483円

・羽田空港→JAL・ANA→秋田空港   1時間5分   11.770円~

・秋田空港→空港連絡バス→秋田駅西口 35分       930円

所要時間;2時間6分(待ち時間を除く) 運賃;13.337円~


所要時間は約2時間、待ち時間を+1時間とするならば3時間となるでしょう。価格は安ければ11770円から利用できます。航空券が17000円を超えなければ、新幹線より安い値段で移動が出来るでしょう。

2つを比較すると、飛行機の方が有利になります。所要時間は飛行機の方が速いですからね。また、価格面でも飛行機の方が有利です。似たような距離で新幹線も飛行機もある東京青森間とは傾向が違いますが、これは秋田新幹線が在来線を走行しているという点が不利に働いたからといえますね。

秋田行きの格安航空券を検索する。

夜行バス

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ