東京~福井間;北陸新幹線と東海道新幹線(米原経由)どちらが良いか?

東海道新幹線米原駅
2015年3月14日、北陸新幹線が長野から金沢まで開業し新幹線で北陸と関東が結ばれました。

ところが、新幹線は金沢が終点であり、福井へ行く場合は在来線の特急に乗り換えなければなりません。福井までは東海道新幹線で米原、及び名古屋まで行き特急に乗り換えるルート、北陸新幹線で金沢へ行き、特急に乗り換えるルートの2つがあります。

それぞれどのルートが良いか?これは調べないとわからないので実際の結果を見ていきましょう。

東海道新幹線ルート(米原乗り換え)

東海道新幹線

東京駅→JR東海道新幹線ひかり号・こだま号→米原駅
米原駅→特急しらさぎ号→福井駅

所要時間;3時間15分(待ち時間を除く) 費用;13.800円(自由席)  (所要時間はひかり号)


東海道新幹線(名古屋乗り換え)

東海道新幹線

東京駅→JR東海道新幹線→名古屋駅 
名古屋駅→特急しらさぎ号→福井駅 
所要時間;4時間程度(待ち時間を除く) 費用;13.930円


特急しらさぎは、名古屋から出ているので、名古屋か米原で乗り換えることになります。しかし、両者を比較すると、米原で乗り換えたほうが料金も安いですし所要時間もかなり違います。便数が多いのぞみ号は名古屋駅にしか停車しないので、一見名古屋で乗り換えたほうが便利に見えます。

しかし、しらさぎが在来線を走行する分のロス時間が長いので、名古屋よりは米原で乗り換えたほうが良いでしょう。新幹線の走行時間を減らしたからといって、運賃が減るわけでもないですし、プラス要素はないです。

北陸新幹線

北陸新幹線

東京駅→北陸新幹線→金沢駅
金沢駅→特急しらさぎ号→福井駅
所要時間;3時間40分程度   費用;15.270円


所要時間の差はそんなにありませんが、東海道新幹線経由(米原乗り換え)の方が速いです。しかし、値段を比較すると、東海道新幹線は約14000円なのに対し、北陸新幹線は15000円を超えます。

北陸新幹線のほうが遠回りをしているので、こちらの方が若干距離がある点と、米原経由は特急に乗り換えているので料金が安くなるのでしょう。

北陸新幹線開業後も、東海道新幹線利用。

この結果を見ると、東京と福井の移動は、北陸新幹線開業後も東海道新幹線と特急を利用したほうが良いでしょう。値段は確実に、そちらのほうがやすくなります。ただし、目的地が福井市ではなく、福井の滋賀県よりとなれば、完全に東海道新幹線利用の方が良いです。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索


新幹線の切符をネットで予約する。

新幹線の切符をネットで予約する。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ