東京~上越(直江津)の移動手段を考える

北陸新幹線かがやき号
北陸新幹線に伴い、上越市への移動は便利になりました。ところが、上越の直江津は新幹線は止まらないので、上越市内へ行くには乗り換えが必要です。新たに北陸新幹線を利用するケースのほか、従来の上越新幹線とほくほく線を利用して行くケースの2つがあります。

ここでは、北陸新幹線とその他のルートを取り上げて、比較していこうと思います。

新幹線(鉄道)の移動について

北陸新幹線での移動

北陸新幹線

東京駅→JR北陸新幹線はくたか号→上越妙高駅 8.760円(自由席)
上越妙高駅→妙高はねうまライン→直江津駅 240円

所要時間;2時間30分程度(待ち時間有) 費用;9.000円


上越新幹線・ほくほく線経由

上越新幹線・北越急行


東京駅→JR上越新幹線→越後湯沢駅   6.470円
越後湯沢駅→ほくほく線(直通)→直江津駅 1.170円

・上越新幹線の
トクだ値切符の場合(越後湯沢まで);5.660円(810円安)
お先にトクだ値の場合;4.320円(2150円安)

所要時間;3時間50分 費用;5.490~7.640円


新幹線の費用は自由席です。新幹線ルートの場合、上越新幹線とほくほく線を利用した場合と、北陸新幹線を利用したケースの2つがあります。

所要時間は、北陸新幹線で行ったほうが速いですが、運賃は上越新幹線とほくほく線を利用した方が安いです。理由は、新幹線を利用する区間が上越新幹線のほうが少ないからです。ほくほく線は私鉄ですし、特急列車ではないですからその分安いのです。どちらか良いかは、時間を優先するなら北陸新幹線、費用を優先するなら上越新幹線になります。

得だ値を利用した場合
東京駅から越後湯沢駅までは上越新幹線の割引チケットを利用できます。トクだ値で15%割引、お先にトクだ値で35%割引されます。お先にトクだ値切符を使えば合計5.490円トクだ値切符を使えば6830円で移動できます。

高速バスを利用して移動する場合

つづいて高速バスでの移動手段についてみていきます。上越市方面へはバスタ新宿発の高速バスがあります。こちらを利用することで、乗り換えなく上越まで移動ができます。


西武高速バス上越行き


・バスタ新宿/池袋駅前/練馬駅/川越的場→西武高速バス上越線
                  →柏崎・上越(高田・直江津) 

備考;日中運行および夜行バス便あり。
移動時間;6時間31分 運賃(新宿上越間);3.600~4.900円


上越方面へ向かう路線バスはこのバスしかありません。1日2便、夜行便を含めると3便運行しています。新宿・池袋を出発し、上越市高田・直江津へ向かいます。このバスは上信越道ではなく関越道経由で移動するため、柏崎方面にも停車します。そのため、長岡以西の北陸道沿線を目的地とする人にも便利なバスです。

値段は最高値でも4.900円です。新幹線の約半分の値段です。移動時間に1日費やす形になるものの、コストパフォーマンスは非常に高いといえるでしょう。また、夜行バスも運行しています。

まとめ
それぞれをまとめると、価格重視で行くなら高速バスになります。価格では高速バス<上越新幹線<北陸新幹線になります。所要時間では北陸新幹線>上越新幹線>高速バスになります。中間は上越新幹線です。ただし北陸新幹線との差はそれほど大きくないので、価格面で高速バス<上越新幹線≒北陸新幹線と考えても良いでしょう。

お先にトクだ値切符(35%)を考慮すれば、高速バスの最高値に近い値段まで安くなるので、運賃節約として上越新幹線を利用することは十分考慮に入れてよいでしょう。

新幹線のチケットを検索する。
新幹線切符インターネット予約

上越方面の高速バスを調べる。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ