東京~水戸の移動【新幹線のない区間】

水戸市水戸黄門銅像

東京から水戸市への移動について考えていきます。茨城方面への移動の場合、ほかの北関東の都市への移動とは事情が異なります。栃木や群馬と違って新幹線がありません。そのため、ほかの都市に比べて移動時間がかかります。移動手段はJR常磐線と高速バスの2つです。それぞれ比較していきましょう。

JR特急・東京上野ライン

JR特急ひたち号

JR常磐線東京上野ライン(在来線)


東京駅→JR特急ひたち号→水戸駅

所要時間;1時間12分  運賃;3.820円

東京駅→JR東京上野ライン→水戸駅

所要時間;2時間16分  運賃;2.270円


まずはJR特急です。特急ひたち号を利用していきます。移動時間は速く約1時間10分です。運賃は3820円。新幹線がない分、移動に少し時間がかかるものの、運賃は安めの値段です。

ちなみに、在来線での移動も可能なのでこちらも見ていくと、移動時間は2時間を超え、約2300円の運賃になります。運賃は安いですが、移動時間が2時間以上かかるというのはネックかもしれません。また、座席の快適性では圧倒的に特急の方が高いので、値段が少し高くても特急ひたち号を利用したほうがストレスなく移動できると思います。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索

高速バス

高速バスみと号


東京駅八重洲口・上野駅・都営浅草駅→高速バスみと号→石岡・水戸駅
所要時間;約1時間54分(超特急)  
  運賃;2.080円


高速バスはみと号という高速バスが運行しています。このバスは運行本数がかなり多いうえに、水戸側の停車駅が充実しているため、鉄道ではいけないような場所へ移動する場合はこちらの方が便利です。さらにこのバスには複数のルートがあり、停車駅によってルートが異なります。移動時間についても、経由するルートによって異なるのですが、それでも2時間程度しかかりません。

水戸方面への高速バスを調べる。

鉄道とバスの比較:どちらが優勢か?

水戸方面への場合は、運行本数の多さ、停車駅の多さなどから高速バスの方が断然便利で使いやすいでしょう。所要時間も鉄道とそれほど差はありません。特急は価格よりも移動時間を重視したい人向けになるでしょう。

ちなみに、水戸市以外では、鉄道よりも高速バスを利用したほうが乗り換えなく移動ができます。つくば、土浦、鹿嶋などへは東京から直行バスが出ているからです。

ただし、高速バスで問題になるのは首都高速での渋滞です。特に6号線での渋滞はほぼ毎日発生しているため、時間通りに到着することはあまり期待できないでしょう。そのため、時間的制約があるのであれば、高速バスは選択肢にはあげないほうが良いです。定時制の高いを鉄道を利用するのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ