東京名古屋間の交通手段について考える;高速バス、新幹線

東京名古屋
東京名古屋の交通手段について考えていきます。

東京名古屋間を新幹線で移動

料金と所要時間

東海道新幹線東京名古屋

東京駅→JR東海道新幹線のぞみ号→名古屋駅
所要時間;1時間41分
料金;10360円(自由席)

 

東京から名古屋までは通常料金でも1万円で移動でき、かつ2時間以内で移動することができます。停車駅が新横浜1駅で静岡県内の駅はすべて通過していることが大きいのでしょう。高くないとはいえ、やはりもう少し安くしたいですね。そこで、格安料金で移動できる「ぷらっとこだま」を利用した場合を考えてみます。

ぷらっとこだま

東海道新幹線東京名古屋

東京駅→JR東海道新幹線こだま号→名古屋駅(指定席)
所要時間;2時間40分~50分
料金;7900円


2000円安くなり、2割引の料金になります。1時間余分にかかってしまいますが、これが、新幹線の移動の最安値だと思います。

各駅停車のデメリット

こだま号ですから、東京から名古屋間の駅全てに停車することになります。神奈川、愛知、静岡県内の駅に全て停まるわけです。

東海道新幹線は、のぞみ号が主体のダイヤになっており、こだま号は便数が少ないです。便数の少なさも不便ですが、こだま号は、ひかり号やのぞみ号の通過待ちをしなければならず、各駅で停車する時間が思った以上に長いです。数字で見た以上に時間がかかっている感じを受けると思います。静岡県内は駅数も多いので、それがデメリットです。

また、こだま号は静岡県の駅で降りるお客が多く利用するので意外と混雑します。もっとも「ぷらっとこだま」であれば、指定席ですので関係ありません。各駅停車のデメリットと同時に、ぷらっとこだまは利用条件なども多いのでその点は理解しておいた方が良いでしょう。

ひかり早得切符

東海道新幹線東京名古屋

東京駅→JR東海道新幹線ひかり号→名古屋駅(指定席)
所要時間;1時間50分~2時間
料金;9200円

 

ひかり早得切符を利用した場合の割引です。早得切符なので、1週間前までの購入が必要な切符です。指定席利用でこの値段なので割引率は高いです。

東京名古屋間のひかり号はいつも混雑しており、自由席が座れないことが多いので、席を確保するという点では、この切符は有効かもしれません。所要時間も20分程度しか変わらないので、コスト、時間、座席確保の3点でメリットのある切符と言えるでしょう。最安値はぷらっとこだまの7900円ですが、その他学生割引やエクスプレス予約などを用いると8500円~9900円台まで安くなります。


新幹線ネット予約

東京名古屋間を高速バスで移動

東京名古屋間の高速バスは、東名を走る便と中央道を走る便の2つがあります。都市間移動では、どちらを使っても大きな差はないと思いますが、具体的に比較をしていきます。

昼行東名ハイウェイバス

東京名古屋高速バス

東京駅八重洲南口→東名ハイウェイバス(新東名経由)新東名スーパーライナー→名古屋駅
所要時間;5時間9分 料金;5250円

 

昼行中央ライナー

東京名古屋高速バス

東京日本橋→中央ライナー→名古屋駅
所要時間;5時間30分~40分 料金;5250円

 

料金は、どちらも5100円。新幹線と比べると料金は半分になります。所要時間は、それなりにかかってしまいますが、おおよそ5時間程度の乗車になります。中央道と新東名経由では、所要時間にもずいぶん差があり、新東名経由の方が速いですね。こちらは名古屋駅、霞ヶ関、東京駅以外のバス停はすべて通過ですので、当然といえば当然です。中央ライナーは、新宿をはじめとして途中のバス停に止まりますからね。

東名ハイウェイバス特急、スーパーライナーの場合

新東名経由のバスは速いのですが、1日3便しかないので、時間の融通が効きにくいです。ですから、新東名を経由しない東名経由のバスについても見ていこうと思います。


東京名古屋高速バス

東京駅八重洲口→東名ハイウェイバス(スーパーライナー)→名古屋駅
所要時間;5時間52分 料金;5250円

東京駅八重洲口→東名ハイウェイバス(特急)→名古屋駅
所要時間;6時間13分 料金;5100円

 

スーパーライナー

スーパーライナーは2階建てのバスです。東名経由ですが、主要なバス停以外は止まらないのぞみ号型タイプのバスです。名古屋行きの便は、このスーパーライナーが主体になっているようで、1日当たりの便数は一番多いです。なので、スーパーライナーが一番利用しやすいですね。

特急名古屋行き

1日のうち2便しかないバスです。静岡ICまでは主要なバス停のみ停車し、静岡以西は各バス停に停まるバスです。東京名古屋間を通して利用できますが、スーパーライナー以上に時間がかかるのでしんどいです。都市間移動よりも、おもに静岡県内で乗り降りする客のためのバスでもあります。

バスのメリット

高速バスは料金が安いことが最大のメリットですが、名古屋以外でも乗り降りが可能な点もメリットです。

例えば、東名バスなら、名古屋ICや千種、本山で降車ができるので、名古屋駅まで行く必要がありません。中央ライナーなら、新宿駅や、中央道沿線のバス停「三鷹」や「府中」「中津川」などに止まります。

鉄道だと、乗り換えが必要なところでも、バスならほぼ乗り換えなしで行けてしまうので便利です。

バスのデメリット

渋滞による遅れのリスクが最大のデメリットです。東名、中央道どちらでも東京名古屋近辺では混雑するので、渋滞なしで移動することは難しいです。所要時間以上の時間がかかってしまうのは日常的で、その点は我慢しなければならないでしょう。

中央道と東名どちらが良い?

どちらのバスが良いかは人それぞれですが、やはりノンストップの新東名ライナーが一番速くて良いでしょう。次に便数の多いスーパーライナーですね。

また、東名バスの方が便数も中央バスより多く、名古屋IC、星ヶ丘、本山、千種、栄に停まることを考えると、こちらの方が時間の融通は効くし、利用しやすいと思います。

この区間は夜行バスもありますが、夜行バスになれば、宿泊費を節約できるためかなりお得です。
高速バス料金を調べる。

夜行バスで移動する

高速バスでの移動の場合、昼行よりも夜行バスで移動する人の方が多いでしょう。夜行バスは、昼行よりも料金は高いものの、新幹線に比べれば安いです。夜を移動に使えることで、日中のスケジュールは立てやすいですし宿泊費を浮かすこともできます。東京~名古屋の夜行バスについて、どのようなバスがあるのか?見て行こうと思います。

ドリームなごや

夜行バス

東京駅八重洲口(新宿駅)→ドリームなごや→名古屋駅など・・・
夜23時頃に出発 朝6時頃到着   料金;2400-5900円
(*上記で表示している料金は、当日購入の値段です。)

 

一番オーソドックスのものだと、「ドリームなごや」があります。

なお、「ドリームとよた」(瀬戸、尾張旭、豊田方面から乗車できるバス)と「ドリームみかわ」(岡崎、三河安城などから乗車できるバス)もあります。運賃については固定ではなく、日にちや、バスの種類によって若干違いがあります。また、早売割引制度もあるので、購入の仕方や日にちによって、随分と料金が違ってきます。

  • 乗り換え不要、地元から乗車できる

これら夜行バスは、宿泊費が節約できる点もメリットですが名古屋駅以外の場所からも乗車できるのが最大のメリットです。栄や千種、星ヶ丘、本山はもちろん、八事、金山など・・・、名古屋市内の様々な場所からお客を拾います。名古屋市以外でも、一宮、瀬戸、尾張旭、豊田、岡崎といった名古屋圏の衛生都市からもお客を拾うので、わざわざ名古屋駅まで行かなくても自分の住んでいるところから乗れるのが良いです。

東京側は、大多数が東京駅ですが、霞ヶ関、新宿駅、池尻大橋、東名江田に停まるバスもあります。基本的に、名古屋の方が名古屋→東京へ向かう人のためのバスといえるでしょう。

  • ダイヤも充実

利用客が多いこともあって、複数便のバスが運行しています。(21時~23時の間に複数のバスが出発します。)普段も多いですが、休日や繁栄期になると臨時便として更に便数が増えるのでダイヤはかなり充実しています。ドリームなごやだけでも1号~8号まであるので、かなり利用客が多いのだろうと思います。

レディースドリームなごや

このバスのすごいところは、女性専用車両「レディスドリームなごや」を運行している点です。車内での痴漢などの防止のためだと思いますが、他路線と比較しても女性専用車両を運行しているバスはあまり多くないです。女性の方も安心して乗ることができるという点も、このバスのメリットですね。

  • 快適性は?

基本は3列シートなので、他人を気にすることなく利用できます。また、プレミアムシートや、ビジネスシートといった席もあります。

  • 早売割引

早売割引というのがあり、事前に購入しておけばさらに料金を安くすることが可能です。早売は、バスによって異なるのですが、例えば、5日前に購入すれば東京名古屋間6220円が3950円に、1日前に購入すれば4850円になります。

4列シートバスならば、21日前の購入で、5000円がなんと2400円。5日でも4100円~4700円、1日なら3700円~4900円になります。つまり、東京名古屋間は一番安くて2400円で移動できるということになりますね。ツアーバス並の価格ですが、新幹線の8割も安い値段で移動できるのはすごいです。

ファンタジアなごや号

夜行バス

名古屋駅・千種駅・栄駅→ファンタジアなごや号
→横浜駅・お台場・東京ディズニーランド・西船橋駅
料金;4300円~7900円 夜出発→朝到着

 

なお、東京駅には行きませんが、「ファンタジアなごや号」というバスがあります。これは、横浜駅、お台場、ディズニーランドにとまり、西船橋まで行くバスです。名古屋から横浜方面、もしくはディズーランドへ行くならこのバスがお勧めですね。料金も安いですし、乗り換えが不要です。

高速バス料金を調べる。

まとめ


交通手段 運賃 所要時間
新幹線 7.900円~10.360円 1時間41分
高速バス(日中) 5.250円 5時間9分~
高速バス(深夜) 2.400円~5.300円 深夜出発、早朝到着


まとめると以上のようになります。安い価格で移動したい場合は夜行バスを狙うのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ