東京大阪の交通手段を比較する

東京大阪の移動
東京大阪間はもっとも交通需要の高い区間でしょう。新幹線、高速バス、飛行機とそれぞれ充実していますが、どのような手段があるのか?比較していきましょう。

東海道新幹線で移動

東京大阪間の最もポピュラーな移動は新幹線でしょう。東京大阪間は、福岡大阪間と距離は同じくらいですが、需要はおそらく前者と後者では天と地ほど差があるでしょう。人口規模が違うの圧倒的に東京大阪間の方が多いと思います。


東海道新幹線

東京駅→JR東海道新幹線のぞみ号→新大阪駅→JR東海道線→大阪駅
所要時間;2時間44分 料金;13240円(自由席)

 

2時間40分程度で、東京駅と大阪駅間を移動できます。時間的にも早く、敷居も低いため一番利用しやすいと思いますが、やはり料金がかかります。このくらいの値段だと、10000円を切る値段で移動したいと思う人は多いと思いますね。

もっと安い値段で移動するには?

ここで活躍するのは新幹線の割引です。どれくらい安くなるのか?見ていきましょう。

ぷらっとこだま

東海道新幹線

東京駅→JR東海道新幹線こだま号→新大阪駅
乗車時間;3時間54分 料金;10000円

 

最安値はやはり、ぷらっとこだまです。こだま号しか利用できない点、指定席になる点、各駅停車なので時間がかかる点など、特徴はありますが、東京名古屋間とほぼ同じ料金で、大阪まで行けるのでこれ以上ない割引だと思います。おおよそ所要時間は4時間程度になります。のぞみより、1時間30分かかることになりますね。

なお、ぷらっとこだまは新幹線の駅のみ有効ですので大阪駅まで行くとなると別運賃が必要になります。しかし、たいした値段ではないので、ほぼ1万円で移動できると考えて良いです。

ぷらっとこだまの詳細はこちらで解説しているのでこちらをご覧下さい。それ以外の割引となると・・・
・ひかり早得切符12000円
・エクスプレスIC早得予約 12000円

などがあります。割引率は1割程度です。

新幹線のメリット・デメリット

言うまでもありませんが、最大のメリットは所要時間が短い点です。この他には、飛行機よりも気軽に利用できる。のぞみ号の便数が多いので時間の融通が効きやすい。といった点もあります。

一方でデメリットは・・・
利用者が多いため、席を確保するのが難しい。
大阪駅までの場合、新大阪駅で必ず乗り換えが必要になる。
料金が高い。などがあります。

料金が高い分、所要時間も速いのですが、利用客が多い分混雑は避けられません。一方でこだま号を通して利用すると、時間はかかるものの混雑していることは少ないので、相席になることも少なく快適に移動ができます。


東海道新幹線で移動する

東海道新幹線で移動する

寝台列車で移動する

寝台特急やくも 東京と大阪の移動には寝台列車という手段もあります。大阪→東京方面のみで、東京からの利用はできませんが、出雲⇒東京間の「サンライズ出雲」を利用することで両都市を移動できます。
どのような感じになるのか?具体的に見ていきます。


寝台特急

0:34               7:38
大阪駅→寝台列車サンライズ瀬戸・出雲→東京駅
料金;11850円~25200円

 

大阪を深夜に出て、朝の7時に着きます。料金は幅が広いですが、一番安い「のびのび座席」を利用することで12000円で移動できます。

座席は、
・ノビノビ座席
・B寝台個室
・A寝台個室 があり下にいくほど高くなります。

寝台列車のメリット・デメリット

寝台列車のメリットは、高速バスと同じです。
・夜間に移動ができる点
・宿泊費を浮かすことができる点があり
寝台列車特有のメリットとしては
・設備が良く、シャワーがある。という点です。

料金は高速バスよりは高いものの、宿泊費込みですので、それほど高い値段ではありません。新幹線移動し、別にホテルに泊まるとすれば宿泊費込みで18000円ぐらいにはなります。)

デメリットは敷いて上げれば
・東京→大阪が利用できないこと。
・個室を選択すれば、料金が高くなること。
・深夜に大阪駅に行かないといけないこと。
などです。たいしたデメリットではないですが、深夜の時間帯に駅構内を歩くというのは、ちょっと怖いですね。

のびのび座席

のびのび座席を利用すれば12000円で移動ができるので、これを利用しない手はないと思います。

のびのび座席は、座席とは言え座る席ではないので横になることが可能です。とりあえず、隣との間には仕切りがついていますが、プライバシーはなく、隣の音は聞こえます。

プライバシーがないのが難点ですが、高速バスも似たようなものですから、苦にはならないと思います。

夜行バスとの比較

最安値料金は、新幹線より安くかつ宿泊費込み。しかし、高速バスより高い。本当に安い料金で移動したいのなら、やはり高速バスの方が良いでしょう。しかし、「横になりたい」「シャワーを浴びたい」「快適に過ごしたい」「安く移動したいけど高速バスは嫌。」というなら、寝台列車の利用も有りだと思います。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索

東京大阪間の高速バス

東京大阪間は、およそ500kmほど距離があり、高速バスでの移動ははっきりいってとしんどいです。しかし、新幹線の半額の値段で移動できるので値段の安さを考えると、捨てがたい移動手段です。ここでは、昼行バスと夜行バス両方を見て行こうと思います。まずは昼行バスです。

高速バス(昼行)

ハイウェイバス

東京駅八重洲口→東海道昼特急→大阪駅バスターミナル
所要時間;8~10時間  料金;5600円~6400円

 

東京大阪間をおよそ8~10時間かけて移動するバスです。路線バスではこのバスがメインでしょう。ほぼ1日高速バスで移動していると言っても良いでしょう。値段は新幹線の半分の値段で、1万円以下で移動できるのが魅力です。以下、デメリットとメリットをまとめいくと・・・。

メリット
  • 料金が安い。
  • 東京・大阪以外のバス停でも乗り降りが可能。
  • 新宿駅で乗車、降車が可能。

・・・などです。

このバスは、東京を出て新宿に停まり、中央道を経由するバスと東名を経由するバスの2つがあります。ノンストップのバスもありますが、多くは途中のバス停に停車します。

このバスで特徴的なのは、静岡県内の主要バス停と、中央道の主要バス停にも停車する点です。

どういうことかといえば、東京大阪間以外の人も利用できるということです。ただし、東名バスのように、どのバス停でも乗り降りできるわけではありません。

  • 静岡県内のバス停からは、大阪方面の乗り降りのみ可能。
  • 関西地区のバス停からは、東京方面の乗り降りのみ可能。
  • 中央道のバス停からは、大阪方面の乗り降りのみ可能。

というようになっています。
つまり短距離の移動はできないわけです。東京、大阪どちらかに行く客限定ということです。

デメリット
  • 移動はほぼ1日かかる。
  • ダイヤは少なくないものの、朝出発便のみに偏る。
  • 渋滞や事故による遅れのリスク

・・・など。
夕方発のバスだと夜行便になるので、それは別で扱います。時間がかかるというのが最大のデメリットで、距離が長い分、そのしんどさも半端ないです。また、東京大阪間はどの路線も交通量が多く、渋滞も少なくありません。遅れるリスクもほかの路線に比べて高いです。

ゆえに、このバスを利用する場合、1日は移動だけに使うことが必須となります。

高速道路高速バス料金・割引を調べる。

東京大阪間の深夜高速バス

両都市間を昼のバスではなく、夜行バスで移動する場合について考えてみます。

夜行バスは、JRの青春ドリームというバスが東京大阪間を運行しています。エコドリーム、中央エコドリームなどと相性がついており、1日に複数便出ています。


深夜バス

東京駅八重洲口・新宿駅南~千里ニュータウン、大阪駅高速バスターミナル
夜21~22時発。 朝6~7時着
料金;3800円~12000円

 

このバスは、4列シートのバス、3列シートと2列シートのバスがそれぞれあり、後者に行くほど値段が高くなります。値段に幅があるのはそのためです。また、女性専用車両も運行しています。さいたま発、京都神戸行きのバスもありますが、ここでは省略します。同じJRのバスなので、特徴は同じです。

一部のバスは中央道のバス停(八王子、三鷹など)にも停車しますが、基本は東京大阪の駅間がメインです。

メリット

・料金が安い、1泊分の宿泊費が浮く。夜間に移動ができる。

・女性専用車両がある。

・便数が多い。

・2列シートを選べば、快適に移動ができる。

・天王寺、ユニバーサルスタジオに停まるバスもある。

メリットは以上のようなものがあります。

特に2列シートは個室感覚でくつろげるので、高速バスのデメリットである「快適性がない点」をカバーできます。値段はそれなりですが、それでも新幹線で移動するよりは安いのでコストパフォーマンスになるでしょう。

デメリット
  • ・快適性がない。

前述したとおり、2列シートを選べば、快適に移動ができますので、このデメリットはなくなります。

渋滞などの懸念については夜間移動ですのであまり関係ないでしょう。ただ、到着寸前の時間帯が朝の通勤時間に近いので、そこで渋滞すれば遅れるかもしれません。

  • 値段に幅がある。

早割で購入するか?4列シートか2列シートで購入するか?などで値段が変動します。最安値は4列シートで4000円程度ですが、2列シートを選べば10000円を超えます。3列シートでも8000円程度。

できるだけ安く購入したければ、事前によく調べて購入する必要があります。

  • 意外と利用しやすい?

2列シート席があるというのが何より魅力で、これで移動すれば安く快適に移動ができます。10000円と高いですが、宿泊費も込みだと考えると、それでも安いでしょう。

高速道路高速バス料金・割引を調べる。

東京大阪の格安航空(LCC・ピーチ)

東京大阪を飛行機(LCC)で移動する場合について、考えていきます。LCCは、ジェットスターとピーチの2つがあり東京側は成田空港、大阪側は関西空港から利用することになります。それぞれ見ていきましょう。

格安航空ピーチ

LCC格安航空ジェットスターとピーチ

・東京駅→成田空港行東京シャトル→成田国際空港 900円 約1時間
・成田国際空港→ピーチ→関西国際空港 4140円 乗車時間;1時間35分
・関西空港駅→関空快速→大阪駅  1120円 乗車時間;1時間1分
乗車時間;3時間36分 料金;6160円
*待ち時間等を除く


ジェットスター

LCC格安航空ジェットスターとピーチ

・東京駅→成田空港行東京シャトル→成田国際空港 900円 約1時間
・成田国際空港→ジェットスター→関西国際空港 4090円 時間;1時間25分
・関西空港駅→関空快速→大阪駅  1120円 乗車時間;1時間1分
乗車時間;3時間26分 料金;6110円
*待ち時間等を除く


LCCは最安値で4000円(空港使用料込み)程度で移動できます。電車賃も合わせれば6000円となり、その他座席指定料や手荷物などを含めても7000円~8000円で移動することが可能です。

値段はこれよりも高くなる日がありますが、繁栄期を避ければ、1万円を超えることはないでしょう。所要時間は待ち時間込みで4時間30分です。座席が狭いとか、機内食が優良、預け荷物は有料、座席指定も優良というデメリットがありますが、それらを考慮しても、普通運賃、新幹線より高くなることはないでしょう。

ピーチとジェットスターの違い

2つ取り上げましたが、値段は対して差がありません。所要時間もジェットスターの方が10分速いだけで、極端な差はありません。何が違うのでしょうか?

ダイヤの多さ

ピーチは2便しかありませんが、ジェットスターは4便あります。ダイヤは、それぞれ偏っていますが両方を考慮して考えると、朝~夕方まで便があり時間の融通は効きやすいと思います。

成田発は、利用者が多いため、ほかの航空便でも朝~夕方まで、まんべんなく出ている便が多いです。

そのほかの移動手段と比べると、LCCはかなり安いです。高速バスと良い勝負ですが、高速バスで移動するならこっちの方が速いので良いです。新幹線と比べても、料金が圧倒的に安いためこちらになるでしょう。
成田東京間の移動と、大阪関空間の移動が面倒ですが、それを抜きに考えれば、東京大阪の移動手段の中では、一番優れていると思います。

東京大阪のLCC航空券を検索する。

羽田空港発の飛行機を利用する(格安航空券)

LCCではなく、通常の航空券を使うとどのくらいで値段で行けるのか?考えていきます。


東京大阪の飛行機

東京駅→JR山手線→浜松町駅→東京モノレール→羽田空港 620円 21分
東京羽田空港→ANA・JALなど・・・→大阪伊丹空港 9000円~ 1時間10分
伊丹空港→大阪空港バス→大阪駅 30分 620円
料金;10240円~ 所要時間;およそ2時間


LCCでなければ、羽田→伊丹の利用も可能ですので、そちらで計算します。関空、成田の利用もありですが、都心までの利便性を考えると現実的ではありません。料金もこちらの方が安いです。

格安航空券なら、最安値で9000円前後からあります。ただし、これらは~日前割引の料金がほとんどで普通に利用すると、どうしても1万円は超えてしまいます。また、双方の鉄道やバスも合わせると、一番安くても1万円はかかります。

所要時間は待ち時間も含めれば3時間程度です。

新幹線とLCCと比べて・・・

最安値の航空券が取れればいい値段で移動できますが、普通に取れば新幹線と同じか、それ以上の値段になります。LCCの倍の値段ですので、LCCが利用できればそちらを利用したほうが良いですね。
なお、ダイヤはANA,JAL合わせると非常に多く、時間の融通はかなり効きます。30分ぐらいの間隔で出ています。

所要時間では、待ち時間を含めれば3時間ですが、新幹線は2時間30分程度なので、新幹線の方が速いです。乗り換えも必要ないですが、こちらは数回必要です。そうなると、新幹線の方に郡杯が上がりますね。

いろいろ比較すると、安くもなく高くもなくで所要時間もそこそこですが、もっと安さを追求すればLCCやバス速さを追求すれば、新幹線になるのでベストな手段とは言い難いですね。利点としては便数が多い点を取り上げましたので、時間の融通を聞かせたいのであれば便利だと思います。

東京大阪間の格安航空券を検索する。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ