東京~つくばの移動【つくばエクスプレス沿い】

つくばエクスプレス
東京からつくば市及び、つくばエクスプレス沿いの都市へのアクセスについて考えていきます。つくばエクスプレスの開通で、つくば市や守谷市などの茨城南部へ交通アクセスが改善されましたが、どれくらいの所要時間や運賃がかかるのでしょうか?また、つくばエクスプレス以外の移動手段もあるのか?それぞれ見ていきたいと思います。

つくばエクスプレス

つくばエクスプレス


東京駅→JR京浜東北線→秋葉原駅  3分 140円

秋葉原駅→つくばエクスプレス→つくば駅 45分 1.190円

所要時間;48分(乗り換え時間を除く)
運賃;1.330円



つくばエクスプレスとは東京と茨城県南部、千葉県、埼玉県の一部を結ぶ近郊型電車です。東京とつくばの約58kmを結ぶ電車であり、最近になって開通した新しい電車です。つくば以外には、守谷市、柏市、流山市、八潮市、北千住、南千住、浅草などに停車します。

まず、つくばエクスプレスでの移動についてみていきますと、乗り換え時間なども含めると、東京駅からの場合は約1時間ほどの所要時間がかかります。運賃は約1300円。メリットとしては移動時間が速く、定時制が高いことが上げられるでしょう。秋葉原が起点なので、東京駅を起点とする場合は乗り換えが必要になるものの、一番最速で移動できる手段です。

高速バス

つくば号高速バス


東京駅八重洲口・上野駅・都営浅草駅→高速バスつくば号→つくば市内各所(つくばセンター)

所要時間;1時間5分
運賃;1.180円


続いて高速バスについて取り上げていきます。こちらはつくば号という高速バスが運行しています。東京、上野、浅草からつくばまで直行で運行しています。所要時間は約1時間で鉄道とそれほど変わりません。一方で運賃はこちらの方が安いです。

高速バスの利点は東京駅発なので、東京駅が起終点の場合は乗り換えないがないメリットがあります。一方で、渋滞による遅れのリスクがあるのはデメリットで、首都高などの渋滞によっては1時間以上かかることもあるでしょう。

なお、守谷駅方面へは、岩井水街道行きの高速バスが運行しているので、そちらを利用すると良いでしょう。

比較すると、大きな差はなし。

どちらも極端に高いわけでもなく、時間がかかるわけでもありません。そのため、価格や移動時間よりもメリット、デメリットで判断してい利用するのが良いでしょう。鉄道の場合は、定時制が確保されていますから、渋滞による遅れを懸念する場合はつくばエクスプレスを利用するのが良いと思います。

一方で、都内に慣れていない人の場合、東京駅から秋葉原までの乗り換えというのは結構大変だと思います。乗り換えに苦労して道に迷ってしまったら、時間短縮の効果はありませんからね。その場合は、乗り換えのないバスを利用したほうが良いと思います。

つくば行きの高速バスを調べる。

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ