東京~山形の移動【新幹線・飛行機どちらが優勢か?】

山形新幹線と山形空港行き飛行機

東京から山形への移動について考えていきます。いくつか候補がありますが、ここでは新幹線と飛行機(格安航空券)の2つにつに焦点を当てて、どちらが安くて速いか?考えていきましょう。ここでは起点を東京駅、終点を山形駅として考えていきます。

JR山形新幹線
山形新幹線


東京駅→JR山形新幹線つばさ号→山形駅所要時間;2時間42分 
運賃;10.450円

 

一番メジャーなルートは山形新幹線です。値段は10450円とそれほど高い値段ではありませんし、乗り換えがないので楽です。福島から山形まで在来線を走るので距離の割には時間がかかるのが難点です。2時間30分あれば盛岡くらいまで行けますからね。

なお、得ダネ割引を使用すると、以下の値段まで安くすることが可能です。
・お先に得だ値(30%割引) 7.930円
・得だ値(10%割引)    10.200円

格安航空券

東京山形飛行機

・東京駅→山手線→浜松町駅      6分  154円
・浜松町駅→東京モノレール→羽田空港   20分 483円

・羽田空港→JAL・ANA→山形空港   1時間 9970円~

・山形空港→空港行きバス→山形駅   35分  980円

所要時間;約2時間(待ち時間を除く) 運賃;11.587円~

 

山形まで格安航空券を利用したケースを取り上げると、山形駅が終点になると最安値の航空券でも新幹線の値段を超えてしまいます。値段は全て込みで11580円以上になります。所要時間2時間というのが唯一のメリットですが、待ち時間を含めるとそれほど変わらなくなります。

この結果を見ると、山形市までの移動であれば新幹線の方が圧倒的に有利だと考えて良いでしょう。山形市以南は新幹線の方が有利なのはいうまでもないでしょう。酒田市や鶴岡市は事情が異なるので別記事であげます。では、新庄市を終点とした場合、どのようになるでしょうか?

東京新庄間の新幹線

山形新幹線

東京駅→JR山形新幹線つばさ号→新庄駅所要時間;3時間43分
 運賃;11.980円
・得だ値割引;11.570円
・お先に得だ値割引;9.000円


新幹線では以上のようになりました。約3時間40分で運賃は約12.000円になります。得だ値割引をうまく利用すれば、10.000円以下の値段で移動することも可能です。

飛行機の場合、山形空港から新庄への直通バスはない。
なお、山形空港から新庄市へは直通のバスはありません。そのため、山形新幹線を利用する必要があり、どのように見積もっても新庄へは新幹線よりも時間がかかり、高い値段になってしまいます。

東京山形間の飛行機は新幹線のおかげで苦戦を強いられているのが現状です。このような状況が続くと、いずれ航空便は廃止になる可能性もあります。スカイマークやLCCなどの安い飛行機が就航すれば、航空便存続の可能性はありますが、それも難しいですね。

まとめると、山形の内陸部への移動は新幹線が圧倒的に有利ということになります。

JR+宿泊つきの割安ツアーを検索

コメントは受け付けていません。


このページの先頭へ